주요 기사 바로가기

COEX一帯に300億ウォン投じて韓流観光スポットとして開発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.27 11:36
0
現代(ヒョンデ)百貨店免税店がソウル・三成洞(サムソンドン)のCOEX一帯を韓流観光スポットとして開発するという内容の免税店事業計画の青写真を明らかにした。

現代百貨店免税店は26日、12月に発表されるソウル市内免税店事業権を獲得すれば現代百貨店貿易センター店がある三成洞一帯の観光インフラ開発に向け今後5年間に300億ウォン(約27億円)を投資すると発表した。現代免税店はこのために江南(カンナム)区庁、韓国貿易協会などと「江南区観光発展およびMICE産業発展に向けた業務協力了解覚書」を締結した。

現代免税店は「江南地域6大観光インフラと6大観光コンテンツ開発」に向け現代百貨店貿易センター店正門前の広場に1000平方メートル規模のテーマパークを作る。韓流アイドルスターをテーマにした各種オブジェとフォトゾーンで作られる。現在狎鴎亭洞(アプクジョンドン)から清潭洞(チョンダムドン)に続く「韓流スターストリート」を貿易センター店まで連結する。計画通りなら現在1.08キロメートルのこの通りは2.9キロメートルに延長される。

一帯の商圏活性化に向けスポット開発にも乗り出す。有名アーティストや韓流スターを招いて年3~4回「韓流スタースーパーコンサート」(仮称)を開き、サイン会やファンミーティングを行う計画だ。ヘリコプターでのナイトシティーツアー、遊覧船による漢江(ハンガン)ツアーのような観光プログラムも作る。江南区庁と現代免税店がともに専従チームを設けプログラム企画を進める。江南一帯の夜景を見たり、宣陵(ソンルン)や奉恩寺(ポンウンサ)のように都心で伝統文化を感じられる場所を訪れテンプルステイなどを楽しめる体験型観光商品を企画する。韓国伝統飲食店ツアーは一帯の小商工人の売り上げ増大効果も狙う。

現代免税店のイ・ドンホ代表は「韓流をテーマに観光インフラを整え、中国人観光客だけでなく外国人観光客のリピート率を高めるもの。団体観光客の依存度を低くし個人観光客を誘致するにはこうしたコンテンツ開発が必要だ」と話した。

現代免税店の今回の動きは現在審査が進行中の市内免税店事業権を獲得するための努力の一環だ。

三成洞一帯の観光インフラ開発は現代免税店が今月初めに関税庁に提出した「ソウル地域市内免税店事業権申請書(事業計画書)」に実際に含まれている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP