주요 기사 바로가기

「最高の表音文字と表意文字を一緒に使う韓国は祝福された国」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.19 13:09
0
「ハングルの詩と漢字の詩が交わり独特の美しさと神秘的な深みを作り出します。ハングル・漢字とも駆使できる韓国語使用者だけが感じられる感動ですね」。

ハングルと漢字の契合詩集『花の種ひとつ得ようと一年、その花見ようとまた一年』を出した全北(チョンブク)大学中国語中文学科のキム・ビョンギ教授(62)は「表音文字のハングルと表意文字の漢字の長所と魅力が互いに補完し上昇する効果が現れる。本に収録された詩の味を感じ、韓国語の中での漢字の価値を悟ることになれば良いだろう」と話した。『花の種…』は「契合詩」を初めて書いた、光州(クァンジュ)地域の第1世代児童文学家で詩人のキム・イルロ(1911~1984)の詩集『頌山河』をキム教授が訳輔(翻訳して補充叙述)した本だ。

詩の形式は彼が「韓国詩の新しいジャンル」と評すほど独特だ。短いハングル詩の後に一行の漢文詩がついている。表題詩の全文は「花の種ひとつ/得ようと一年/その/花/見ようと/また一年/一花難見日常事」だ。キム教授はこの詩の漢文詩の部分を「花一輪見るのも簡単ではないのが私たちの暮らしだろう」と翻訳し、「自然の厳粛な循環性を語る詩でこれほどの詩があるだろうか」という感想を加えた。

キム教授は1996年ごろに忠清南道礼山(チュンチョンナムド・イェサン)にある修徳寺(スドクサ)の雲水庵(ウンスアム)近くの喫茶店の壁にかけられた書道作品でこの詩と初めて接した。強い衝撃を受けた勢いで詩集『頌山河』を買って読み、「ハングル詩と漢文詩の契合詩から来るこの玄妙な感じを他の人たちと分け合いたい」という気持ちから翻訳を始めた。

彼が挙げる「契合詩」の魅力は、「ハングル詩と漢文詩が内容は同じでも胸に迫る感じはまったく異なる」ということだ。「漢文詩を通じてハングル詩の意味がさらに強烈に伝えられる」と付け加えた。

キム教授は『まだハングル専用に固執すべきなのか』『ペキンなのかベイジンなのか』などの著書を通じハングル専用政策を批判し、「漢字を韓国文字に定着させなければならない」という主張を続けてきた学者だ。「自分の歴史を記録した字を読めない民族は『文盲』だ。漢字を読む能力がなければ今後近づく歴史戦争で中国の攻勢に耐えられないだろう」と懸念する。「文字ひとつそっと変えて歴史を歪曲させる時になすすべもなくやられる」ということだ。

彼は「韓国は世界で最も科学的な表音文字であるハングルと最も発達した表意文字である漢字を同時に使用できる幸せな国」と何度も強調した。「ハングルと漢字を一緒に使うことによりさらに奥ゆかしい美を具現できるということをキム・イルロの詩が示しているではないか」として漢字教育の必要性を力説した。「漢字の勉強が難しいというのは偏見だ。3000字だけ覚えれば十分だ。大学生に教えたら夏休み1回で終わった」「現在私教育を通じて行われる単語の暗記中心の学習法ではだめだ。文章を通じ遊びのように教えた朝鮮時代の漢字教育法が早急に復元されなければならない」など、彼の声には使命感があふれていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP