주요 기사 바로가기

アップルCEO「サムスンの部品技術は立派…特許侵害には怒り」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.18 08:03
0
「サムスンの技術は非常に立派だが、特許侵害には怒りを感じる」。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が長期にわたるパートナーでありライバルのサムスンに対する内心を明らかにした。最近日本を訪問したクック氏は日本経済新聞のインタビューに応じた。

クック氏は相次ぐ爆発事故で生産打ち切りとなったサムスン電子のギャラクシーノート7に関する質問を受けると、「サムスンの部品の技術は非常に立派」と述べた。サムスン電子のメモリー半導体のNAND型フラッシュメモリーを使用してアップルは音楽再生機器iPodを出し、2000年代半ばにMP3プレーヤー市場で強者に浮上した。

17日の日本経済新聞によると、クック氏は「サムスンと共通の利益がある分野で協力し、同時にスマートフォン分野では競争している」とし、友人でありライバルでもあるサムスンとの関係を説明した。しかしサムスン電子と5年以上も続いているスマートフォン特許紛争については感情をそのまま表した。クック氏は「争点は知識財産権に関連するもので(特許紛争の)理由は簡単だ」とし「芸術家が絵と音楽を数年間にわたり全力を注いで創作し、作品に署名しようとする瞬間、誰かが勝手に名前を入れてしまえばどんな気持ちになるかを考えなければいけない」とサムスン電子を非難した。

クック氏は「我々にも素晴らしい製品を開発したエンジニアとデザイナーがいる。そのために本当に怒りを感じる。訴訟は私にとって最後の手段」と語った。

クック氏は「スマートフォンは電子機器のうち唯一1人1台が実現する分野」とし「人工知能(AI)など新技術をiPhoneに搭載しながら進化することになるだろう」と述べた。クック氏はアップルを設立したスティーブ・ジョブズ氏に関する質問に対し、「誰もジョブズに代わることはできない。私もそうなろうと考えていない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アップルCEO「サムスンの部品技術は立派…特許侵害には怒り」

    2016.10.18 08:03
    뉴스 메뉴 보기
    アップルのティム・クックCEO(56)
    TOP