주요 기사 바로가기

韓国国防長官「いかなる躊躇もなく強力に対応せよ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.19 07:36
0
1/2
18日午後、忠清南道瑞山にある空軍第20戦闘飛行団を訪れた韓民求国防長官(右から二人目)。
韓国の韓民求(ハン・ミング)国防長官は18日午後、忠清南道瑞山(チュンチョンナムド・ソサン)にある空軍第20戦闘飛行団を訪れて北朝鮮の挑発威嚇に備えた戦闘態勢を点検しながら「北朝鮮が軍事的な挑発に動いた場合、いかなる躊躇もなく断固として強力に対応せよ」と注文した。

韓長官は「北朝鮮の5回目の核実験以降、挑発の脅威が高まっている厳しい状況」とし「第一線戦闘飛行団の精神武装と完ぺきな任務遂行」を呼びかけた。

韓長官はまた「北朝鮮の無謀な挑発は政権の自滅を早めるものであることを分からせなければならない」と強調した。

空軍第20戦闘飛行団はKF-16などを運用する空中戦闘司令部や防空誘導弾司令部などで構成されていて、北朝鮮が首都圏を脅かした場合、戦闘機が出撃して対応する第一線戦闘飛行団だ。

韓長官は秋夕(チュソク、中秋)連休の初日である14日にも西海(ソヘ、黄海)最北端にある白リョン島(ペクリョンド)の海兵部隊を訪れて軍事対備態勢を点検していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP