주요 기사 바로가기

慶州で余震続く…14日午前までに299回

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.14 14:27
0
慶尚北道慶州(キョンサンブクド・キョンジュ)で12日夕方マグニチュード5.8の地震が発生した後、299回の余震が続いた。

14日気象庁によればこの日午前8時現在までにマグニチュード2.0~3.0の余震が284回、3.0~4.0が14回、4.0~5.0は1回発生したという。追加の被害は確認されなかった。

マグニチュード5.0以上の場合はテーブルの上の物が落ちるほどの強い揺れで、4.0ぐらいの地震は立っている人が揺れを感じる水準だ。

気象庁は余震が続いているが強度は次第に弱くなっており、今後もマグニチュード3.0以下の余震が発生すると予想した。

これに先立ち12日午後7時33分と同8時32分に慶州市から南南西8キロ地点でそれぞれマグニチュード5.1と5.8の地震が発生し、20人余りが負傷するなど大小の被害が相次いだ。建物の亀裂や屋根の破損など物的被害も全国で642件が確認された。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    慶州で余震続く…14日午前までに299回

    2016.09.14 14:27
    뉴스 메뉴 보기
    13日慶尚北道慶州市皇南洞(キョンサブクド・キョンジュシ・ファンナムドン)の住宅で、住民たちが前日に発生した地震の影響で屋根から落ちたり破損したりした瓦を整理している。
    TOP