주요 기사 바로가기

<韓半島最大規模地震>「北の核実験のため地震」…デマ拡散

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.13 08:10
0
「地震が発生したのは北が核実験したからではないのか。不安でたまらない」。

慶尚北道慶州(キョンジュ)で韓半島(朝鮮半島)最大規模の地震が発生したことを受け、オンライン上では今回の地震が9日に北朝鮮が5回目の核実験をしたためというデマが広まっている。

ツイッターなどSNSでは「北の核実験の波動が地下マグマを振動させ、その余波で地震が発生した。結局は北の5回目の核実験が原因」「北がこの数年間、核実験を繰り返して地盤に影響を与え、韓国で地盤が弱い慶州の方で大きな地震が発生した」「最近、韓国で地震が以前よりも頻繁に観測されるのは北の核実験のためだ」「北は核実験をすれば韓国で地震が発生する」などのコメントが次々と出てきている。一言で今回の北朝鮮の核実験の規模があまりにも大きかったため、その衝撃が何らかの形で韓半島の地盤に影響を及ぼし、その結果、今回の地震が発生した可能性があるという推測だ。

しかし専門家は今回の地震が北朝鮮の5回目の核実験とは関係がないと説明した。マグニチュード5.0以上の地震は北朝鮮の核実験以前にも発生していて、核実験と地震の関連性を探すのは無理があるということだ。

ソン・ムン釜山大地質環境科学科教授はあるメディアのインタビューで「北の核実験以前の7月5日にも蔚山(ウルサン)の海上でマグニチュード5.0の地震が発生した」とし「北が強行した5回目の核実験が今回の地震に影響を及ぼしたのではない」と述べた。

韓国地質資源研究院の関係者は「過去にも地震が発生した地域であるため特異な現象ではない」とし「核実験が地震発生に影響を及ぼすとは考えにくい」と話した。

ホン・テギョン延世大地球システム科学科教授は「東日本大震災の後、韓半島で地震が続けて発生している。梁山(ヤンサン)断層のほかの可能性も排除せず精密分析をしなければいけない」と分析した。

今回の地震と北朝鮮の核実験の関連性はないというのが専門家らの見解だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓半島最大規模地震>「北の核実験のため地震」…デマ拡散

    2016.09.13 08:10
    뉴스 메뉴 보기
    9日に北朝鮮が5回目の核実験を強行した咸鏡北道吉州郡豊渓里(プンゲリ)地域。(写真=JTBCキャプチャー)
    TOP