주요 기사 바로가기

韓経:韓国の自動車部品企業ストライキ、日本など世界自動車企業の部品供給にも支障

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.07 10:20
0
自動車用エアコン・ヒーターを生産するKBオートテックの労働組合(金属労組KBオートテック支部会)が工場を占拠して行っているストライキが60日以上続いている。これによってインドのタタなど国内外の主な顧客が部品供給の支障解決と損害賠償を要求してきた。日本の商用車企業はKOTRA(大韓貿易投資振興公社)に「韓国政府が早く介入してほしい」と要請もした。

6日、KBオートテックによればインドの商用車企業タタはKBオートテックに「早いうちにストライキ問題を解決して船積み計画書を送ってほしい」という公文書を先月30日送ってきた。タタは「600台余りのバスにエアコンを搭載できず出庫もできずにいる」として「9月の学校始業に合わせバスを供給できず信頼が大きく下がった」と訴えた。

アラブ首長国連邦(UAE)のバス企業スワイダンは「KBオートテック労組が新学期を控えた不適切な時期にストライキを行って学校運営に支障が出ている」として「政府の韓国企業に対する信頼も下がった」と知らせてきた。スワイダンは「1台あたり1500ドル(約15万2000円)ずつ追加費用をかけて200台余りの設備を別会社から購入したことなど発生した損害を全て補償せよ」と要求してきた。

ドイツのダイムラーグループ系列会社であり日本の川崎に工場がある三菱ふそうトラックバス(MFTBC)は、KOTRAに送った公文書で「できるだけ速やかに今回のストライキを解決できるよう政府がすぐに介入してほしい」と要請した。MFTBCは「KBオートテック労組のストライキにともなう深刻な納期遅延により生産ラインの一部が止まり、日本の自動車産業の供給チェーンも否定的な影響を受けている」と抗議した。

国内でも生産再開の要請が殺到している。農機械メーカーの国際総合機械は「8月までは在庫があって大きな問題がなかったが、9月も部品調達が遅れれば生産に致命的な支障が出る」として「現時点で発生する被害額を請求するだろう」と通知した。

現代(ヒョンデ)重工業の建設装備事業本部は「KBオートテックのストライキで売り上げが減少しただけでなく建設装備購買顧客の信頼も下落して2次被害まで予想され、18年間積み重ねてきた取引関係を再考するほかはない状況」としながら「すべての被害に対する補償を請求する」という公文書を送った。

KBオートテック労組は「会社が協力企業などで代替生産を行っているので工場占拠によって生産ができなくても実質的な被害は大きくない」と主張している。これに対して会社側は「外部から部品供給を要請する公文書だけを見ても労組の工場占拠にともなう被害が深刻だということが分かる」と訴えた。

KBオートテック労組は今年の賃金・団体交渉において基本給の引き上げで昨年分15万9900ウォン(約1万4800円)と今年分15万2050ウォンを一度に適用してほしいと要求し、先月8日に工場占拠ストライキに入った。KBオートテックはストライキに対応して管理職員を生産ラインに投入するため先月26日職場閉鎖を行った。しかし労組が工場の出入口を封鎖して代替生産も行き詰まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP