주요 기사 바로가기

恐るべき中国の軍事力の虚と実(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.01 10:15
0
中国産の武器のうちひどいのがタンクだ。中国のタンクは火力と防御力がかなり遅れていると評価される。露モスクワでは先月30日から今月1日(現地時間)まで「タンクバイアスロン」が開かれた。タンクバイアスロンとは、複数の国のタンクが参加し、障害物を通過して目標物に砲撃をする実力を競う大会だ。

中国からは今年、自国の最新型戦車96式B(ZTZ-96B)が出場した。しかしこのタンクは障害物区間を走行中に軌道輪が外れた。大会を参観したロシア軍事専門家は「(中国タンクの)砲塔には何もない」と書いた。大会で勝つために外部燃料タンクや装甲などを取り除いて重さを減らしたということだ。この軍事専門家は「(中国タンクの)トランスミッションに問題があり、(エンジン最大出力は)1200-1300馬力というが実際には1000-1100馬力」と評価した。

中国は昨年の軍事費が2148億ドル(約22兆円)と、アジア全体のほぼ半分を占めたと、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所が明らかにした。また、米国をはじめとする西側国家の技術をハッキングして盗み出した疑いを受けている。それでもまだ中国の武器は西側国家に追いついていない。その理由について米USサンディエゴ大学の張太銘教授は▼中国防衛産業の独占的構造▼官僚主義▼旧時代的な管理手段▼不透明な価格決定システム▼腐敗などを指摘した。

もちろん中国は大国崛起(強大国への浮上)に取り組み、こうした問題点を改善するだろう。しかし現在の中国は少なくとも軍事力では実物よりも大きく見える鏡の前に立ちたがる姿だ。過小評価に劣らず過大評価も危険だ。THAAD(高高度ミサイル防衛体系)配備問題で韓中関係に緊張感が高まっている最近、中国を正確に見る目が求められる。
恐るべき中国の軍事力の虚と実(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP