주요 기사 바로가기

【中央時評】建国節の論議を中止しよう=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.26 09:36
0
北朝鮮との正統性の争いのために1948年8月15日を建国節にしようという主張も果てしない。人権と自由、平等と福祉、平和と共存の人類普遍の価値に照らしあわせて世界の中の誰が今日の韓国と北朝鮮の正統性を混同しているだろうか。建国節の制定と大韓民国の正統性は関連がない。正統性ある青年教育のために建国節を制定しなければならないという主張は、一時的な分断を絶対化する狭隘な理念のみならず李承晩(イ・スンマン)政権以来のすべての歴史教育を否定する自己卑下だ。

特に東アジアの建国記念日の構想が周辺国を侵略した明治維新以降の伊藤博文を含めた日本の侵略主義者・天皇主義者・軍国主義者などの理由から端を発したという点を留意すれば、普遍民主国家の大韓民国が日本の侵略主義の残滓を受け入れるというのは話にならない説だ。

大韓民国が1919年に建国されたという主張もやはり間違いだ。自らも使い続けた「臨時政府」の表現を含めた「建国綱領」の名称と内容を見れば、独立運動および建国に備えた準備組織(の1つ)であることは明らかだった。大韓民国の臨時政府が大韓民国の1つの起源であることは明らかだが、それがまさに大韓民国の建国ではない。大韓民国が1919年に建国されたとすれば「臨時政府」に含まれなかったり、「臨時政府」と対立して反対した多くの独立活動家はどうなるのか。また大韓民国「建国」の勲章は何をいうのか。

さらに臨時政府の象徴である金九(キム・グ)は新生大韓民国を認めなかった。彼は大韓民国の樹立時点にも大韓民国を否定し、「臨時政府奉戴」を主張して「臨時政府」を国際的に認めらてもらうために「臨時政府」代表を第3回国連総会に派遣しようとまでした。さらに彼は大韓民国の大韓民国臨時政府の「法の正統継承」を否定した。その上、制憲国会議長である李承晩は13道の代表者が集まって国民大会という主権行使を通じて樹立された漢城(ハンソン)臨時政府の正統性を主張した。海外の臨時政府は主権の手続きなしに独立活動家を自ら構成した組織だったためだ。

写実的な理性を回復して建国節論議は中断しなければならない。建国節制定と建国節記念はだめだ。それよりも大韓民国の建国精神と原則、憲法と哲学を考究して今日に生き返らせようとする努力のほうがはるかに重要だ。

パク・ミョンニム延世(ヨンセ)大学教授(政治学)
【中央時評】建国節の論議を中止しよう=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP