주요 기사 바로가기

<インタビュー>韓国アニメ『カイ』 韓国ならではの情緒を描いた(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.25 09:37
0
1/2
アンデルセン童話『雪の女王』を東洋的な視点で再解釈した韓国産アニメ『カイ:鏡の湖の伝説』。雪の女王に対抗する遊牧民少年カイの冒険談が描かれる。(写真=メガボックスプラスエム)
モンゴルの広大な風景とアンデルセン童話『雪の女王』が出会った。現在韓国で上映中の国産アニメ『カイ:鏡の湖の伝説』(以下、『カイ』)のことだ。勇敢な遊牧民少年のカイ(声キム・ヨンウン)が草原の村を凍らせてしまった邪悪な雪の女王ハタン(声キム・ジナ)に対抗し、幼少期を失ってしまった妹のシャムイ(声パク・ゴウン)とともに村を救う冒険物語だ。『雪の女王』を東洋的に再解釈した。

『カイ』は過去10年余り、国産アニメを牽引してきたともいえる二人が監督と製作者として意気投合して完成した作品という点で特に目を引く。2007年48万人の観客を動員した『千年狐ヨウビ』(以下、『ヨウビ』)のイ・ソンガン監督(54)が演出を手がけ、1000万映画『釜山(プサン)行き』(7月20日公開)を演出したヨン・サンホ監督が製作を引き受けた。

ハリウッドの巨大資本のアニメに比べれば韓国アニメの製作環境は相対的に良くない。それでも彼らがドン・キホーテのようにアニメと手を切ることができない理由は何か。イ・ソンガン監督は韓国映画アカデミー(KAFA)アニメ演出専攻の教授でもある。彼の本音を尋ねた。

--『ヨウビ』以降9年ぶりだ。

「『ヨウビ』公開直後からシナリオを書き始めた。だが、投資してくれる会社がなかなか見つからなかった。あっという間に3~4年が過ぎ去った。その間にディズニーアニメ『アナと雪の女王』(2013)やロシアアニメ『雪の女王』(2012)など似たようなモチーフの外国作品が次々と登場した。『私には運がなかったんだ』と考えて製作をあきらめかけたが、ヨン・サンホ監督が製作を買って出てくれた。それが2014年だ。その時から作業が本格化した」

--西洋動画の『雪の女王』を東洋的ファンタジーとして変身させた。

「韓国的な素材にとどまらず世界的かつ普遍的な作品を作りたかった。2006年末にモンゴルを現地調査したが広大な草原が非常に印象的だった。『雪の女王』を東洋的ファンタジーとして再解釈するにはぴったりの空間だという気がした」

--孤独などキャラクターの内面を描写することに集中していてユニークだ。

「『マリといた夏』(2002)、『ヨウビ』『カイ』はすべて孤独な人の話だ(笑)。欠乏を抱いている対象がそれを満たしていく過程自体が興味深い。独りになった彼らの痛みを理解して優しく癒そうとする態度が今の韓国社会に必要だと考えた」
<インタビュー>韓国アニメ『カイ』 韓国ならではの情緒を描いた(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP