주요 기사 바로가기

韓経:グローバルトップ30シンクタンク「韓国はいない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.22 09:43
0
韓国の国策研究機関は世界のシンクタンク競争力評価でも下位圏にとどまった。

米国ペンシルバニア大学の「シンクタンクと市民社会プログラム(TTCSP)」が今年2月に発表した「2015年グローバルシンクタンク競争力順位」によれば、韓国の研究機関の中で対外経済政策研究院(KIEP)が最も高い33位だった。次は韓国開発研究院(KDI)で48位だった。

アジア諸国の研究機関の中では日本の国際問題研究所(JIIA)が15位で「グローバルトップ20」に入った。中国研究所は上位50位圏において韓国より多い4カ所が含まれた。

中国社会科学院(31位)・中国国際問題研究所(35位)・中国現代国際関係研究員(39位)・国務院発展研究中心(50位)などだ。

シンクタンクの国家政策に対する寄与度順位(公共政策影響力部門)でも韓国の国策研究所は下位圏だった。調査対象シンクタンクの全54カ所のうちKDIは47位を記録した。この分野の1位は米国のブルッキングス研究所だった。アジア諸国の中ではJIIAが35位で最も高かった。

「シンクタンクのシンクタンク」と呼ばれるTTCSPは2007年から毎年グローバル研究所の競争力を評価している。世界の学者・政策担当者・ジャーナリスト・分野別専門家たちの推薦とオンラインアンケート調査、専門家パネル評価など4750人が投票して順位を決める。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP