주요 기사 바로가기

今夏の韓国映画、トップ俳優たちの活躍で熱い(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.03 10:26
0
◆アイスホッケーのスピード感が圧倒的=『国家代表!?2』は頼りないカン・テウン監督(オ・ダルス扮)を筆頭に北朝鮮アイスホッケー国家代表だった脱北者ジウォン(スエ扮)、万年2位のショートトラック選手チェギョン(オ・ヨンソ扮)、経理出身のミラン(キム・スルギ扮)ら“烏合の衆”メンバーが2003年青森冬季アジア競技大会に挑戦する話だ。実話を土台にし、涙腺を刺激するドラマを加味しながら大衆に訴えていく。シンパを道具のように使ったという指摘が出るかもしれないが、女優たちの息はこれ以上なくぴったりだ。

キム・ジョンヒョン監督は「優しさの中に強さを見せたスエ、ガールクラッシュ的な魅力のオ・ヨンソをはじめ、ハ・ジェスク、キム・スルギ、キム・イェウォン、チン・ジヒのシナジーが素晴らしかった」と紹介した。何より見るだけでも胸がスカッとするようなアイスホッケーの競技場面が圧倒的だ。

氷の上を全速力で滑る選手たちと時速200キロの速度で飛び交うパック(puck、ホッケーで使われているゴム製の円盤)のリアルな動きを表現するためにスタッフは氷の上での撮影が可能な専用ソリを作ったりもした。「スピード感を最大限感じられるように撮影をしながら、実際の競技を中継しているようにリンクの内と外の様子をすべて映像に収めようと思った」とホン・ギョンピョ撮影監督は説明だ。

◆災難現場を扱ったブラックコメディ=『トンネル』は突然崩れ落ちたトンネル内に閉じ込められたチャンス(ハ・ジョンウ)が主人公の災難ドラマであると同時に世相を風刺するブラックコメディだ。社内に閉じ込められたチャンスが死を前にしながら長い時間を悶絶しながら耐えている様子がリアルに描かれる。

キム・ソンフン監督は「恐ろしい状況を暗く描きたくなかった」とし「絶望の中でもユーモアを入れたかった」と話した。「ダニー・ボイル監督の『127時間』のように、閉じ込められた人がその状況から抜け出す過程をスリル満点に描くこととは反対方向、すなわちユーモアと風刺を選んだ」ということだ。

トンネルの外の救助状況は失笑を誘う。あきれるような問題で救助が遅れていく。現場に登場した政府関係者(キム・ヘスク扮)は「責任を持って救出する」と豪語をしながらチャンスの妻セヒョン(ペ・ドゥナ扮)と記念写真を撮ったりする。キム監督は「政治家と企業家、メディアの姿など現実的な災難風景を収めようと思った」と話した。ハ・ジョンウやペ・ドゥナ、オ・ダルス(救助隊員役)のピッタリの息も期待ポイントだ。
今夏の韓国映画、トップ俳優たちの活躍で熱い(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    今夏の韓国映画、トップ俳優たちの活躍で熱い(2)

    2016.08.03 10:26
    뉴스 메뉴 보기
    猛暑を忘れさせてくれる韓国映画が公開を待っている。ハ・ジョンウ主演の『トンネル』も公開の準備が整った。(写真提供=各映画会社)
    TOP