주요 기사 바로가기

今夏の韓国映画、トップ俳優たちの活躍で熱い(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.03 10:26
0
1/2
猛暑を忘れさせてくれる韓国映画が公開を待っている。『徳恵翁主』は実存した人物、朝鮮最後の皇女の人生を描く。(写真提供=各映画会社)
観客動員1000万人に向かって興行を続けている映画『釜山(プサン)行き』で予熱が終わった夏の劇場街が8月に入り本格的に熱くなる。大型の韓国映画3本が公開を今かと待っている。ホ・ジノ監督とソン・イェジンがタッグを組んだ『徳恵翁主』が3日に公開されるのに続き、スキージャンプを素材に人気を博した前作からアイスホッケー映画として戻ってきた『国家代表!?2』(10日公開)、『最後まで行く』で注目されたキム・ソンフン監督が演出し、ハ・ジョンウが主演した『トンネル』(10日公開)が公開を待つだけになった。

◆100万部ベストセラー小説が原作=『徳恵翁主』は映画『危険な関係』以降4年ぶりとなるホ・ジノ(53)監督の復帰作。ソン・イェジンが高宗(コジョン、ペク・ユンシク扮)の一人娘として生まれた朝鮮の最後の皇女で、悲劇の一生を過ごした徳恵翁主を演じる。2009年に出版されて100万部以上が売れたクォン・ビヨン作家の同名の小説が原作だ。父親を失い、日本に強制留学させられた翁主が、日本軍に偽装した独立活動家キム・チャンハン(パク・ヘイル扮)と出会い、危険な作戦に身を置くことになる話だ。

徳恵は実存した人物でありながらも歴史的な英雄ではないうえに、多くの人々から大きな共感を引き出すほどの人物でもなく、劇のハイライトもなかなか見えにくい。これを意識しているように、監督は徹底的に徳恵の感情の動きに集中した。幼少時代に強制的に日本に連れて行かれ、政治的にも徹底的に利用されながらも気丈さを失わない若い徳恵、徐々に狂っていく表情、荒廃した老年の翁主まで無理なく描くソン・イェジンの演技がきらりと光る。

ホ監督は「ドキュメンタリーを見て知った徳恵翁主は当時アイドル的存在だったが、悲惨な帰国の様子がずっと心に残っていた。一個人の数奇な人生に心を動かされてこの映画を作ることになった」と話した。
今夏の韓国映画、トップ俳優たちの活躍で熱い(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP