주요 기사 바로가기

中国進出の韓国企業に「食パラッチ」注意報

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.20 15:05
0
米ウォルマートは2014年2月、中国北京店で脂肪成分を表示していないソーセージを販売したという「食パラッチ(食品+パパラッチ)」の申告で4590元(約77万ウォン)の罰金と2万916元(約354万ウォン)を賠償金を支払った。

食パラッチは賢く、ウォルマートは軽率だった。製品の成分表示規定に詳しい食パラッチはより多くの賠償金を受けるために49.8元(約8400ウォン)のソーセージを42個も購入した。成分表示を徹底的に確認できなかったウォルマートは経済的な損失はもちろん、世界最大の流通企業としてイメージに傷を負った。

ウォルマートの事例のように中国では賠償金を狙った「食パラッチ」の活動が活発で、現地に進出した韓国企業は注意が必要だ。食パラッチとは、不良食品や規定・規格上の問題点を見つけだして申告し、補償・褒賞金を狙う人をいう。

貿易協会上海支部が19日に発表した報告書「中国食パラッチ現況と対応策」をみると、昨年、中国の食品安全関連の申告件数は40万9830件にのぼった。中国には約3000人の食パラッチが活動し、申告件数の大半がこの人たちによるものだと、協会は見ている。特に韓国企業の進出が多い新興工業都市の深センの場合、約1000人の食パラッチが活動中と推定されている。

中国では食品安全標準に合わない食品を生産・販売する場合、購買者に最大10倍の賠償金を支払わなければいけない。この点を狙った食パラッチは目標製品を発掘すれば大量買いし、多くの賠償金を要求する。最近は資金力と専門知識で武装した企業型の食パラッチも登場し、食品企業を脅かしている。

食パラッチの申告事例を見ると、ラベルや包装紙に一部の成分が漏れたり、アレルギー反応警告文がなかったり、表面と内部の包装の生産日時が違う場合など、細かい規定違反の場合が多く、格別の注意が求められる。申告を受けた製品は賠償・補償・罰金はもちろん、自発的製品回収(リコール)をしなければならず、営業に大きな支障が生じる。

ソ・ウクテ貿易協会上海支部長は「中国の食品安全基準は量が多くて内容も複雑だが、改正事項も告示の形で発表し、熟知しにくい」とし「製品の安全基準に合うかどうか随時把握し、流通商と緊密な関係を維持しなければいけない」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP