주요 기사 바로가기

韓国ファッションの中心地東大門、中国人バイヤーがうれしくない理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.19 10:36
0
アパレル・流通業界では東大門がひとつの軸であるKファッションが輸出のドル箱産業になるには韓国人デザイナーと業者が直接中国市場を攻略するのが望ましいと考える。代表的な事例がオンラインファッション専門ショッピングモールの中国進出だ。

韓国1位のグローバル電子商取引プラットフォーム運営会社であるカフェ24によると、2003年からカフェ24を通じて作られた専門ショッピングモールは100万件に達し、このうち70~80%がファッション分野だ。2010年に専門ショッピングモールを通じて中国に直接進出した「スタイルナンダ」の場合、昨年売り上げ1000億ウォンを上げるKファッションの看板企業に成長した。

Kファッションの成長は当分続く見通しだ。統計庁によると昨年オンラインモールを通じた海外個人直販は1兆1933億ウォンで、このうち中国人消費者の割合は68%だった。品目別では化粧品が6576億ウォンで圧倒的だったが、衣類・ファッションも2575億ウォンで前年比55%増加した。中国のアパレル個人輸入市場規模は昨年2兆ウォンだったが、2018年には9兆~10兆ウォン規模に成長すると予測される。

中国の流通業界でも長期的な売り上げ増大のためには「正規品」を売るのがはるかに競争力が高いと評価する。実際8月には中国最大のオンラインファッションモール「磨姑街」の代表が直接韓国を訪問する予定だ。自社のプラットフォームに中国で人気がある韓国ファッション専門ショッピングモールを誘致するためだ。磨姑街は1日の利用者だけで1000万人を超え、昨年は約2兆ウォンの売り上げを記録した。

アリババもTモールグローバルの「官網同購」チャンネルで韓国専門ショッピングモール サイトを直接連動するサービスを提供している。中国人消費者の立場では翻訳のない韓国語のショッピングサイトを見て回ることになるが、韓国のファッションとスタイルコンテンツをフィルターを通さずに接することができ大きな反応を得ている。

カフェ24を通じて昨年7月に官網同購に出店した「ミアマスビン」のカン・ビョンソク代表は「中国で韓国ファッションに対する人気が高く、売り上げが毎月200%ずつ増加している。今年中国からの個人直販売り上げ目標を20億ウォンに増やした」と話した。

カフェ24のイ・ジェソク代表は「中国で関心が持たれるのは韓国ファッション大企業のブランドでなく、数多い東大門のショップ、専門ショッピングモールで出すストリートファッションだ。個人が運営する専門ショッピングモールを単純な流通チャンネルではなくひとつの創意活動と認識し督励しなければならない」と話した。

韓国ファッション協会のキム・ソンチャン理事は「中国市場の場合、韓国の商品力とデザイン力、中国の流通力が合わさる時にシナジーが最大化される」とし、オンラインショッピングモール、オフラインセレクトショップ、ショールームビジネス(B2Bファッション展示会)を最近有望な中国3大流通チャンネルに挙げた。
韓国ファッションの中心地東大門、中国人バイヤーがうれしくない理由(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP