주요 기사 바로가기

韓経:米国、韓国産鉄鋼・金属に反ダンピング攻勢…中小企業まで調査(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.16 10:51
0
米国の無差別的な保護貿易主義攻勢に韓国輸出企業が緊張している。中国発の供給過剰問題で疲弊している鉄鋼・金属製品分野では、米政府が韓国の大企業はもちろん中小企業までも反ダンピング調査対象に含めた。

◆17日の反ダンピング公聴会に注目

貿易協会ワシントン支部と産業通商資源部によると、米商務省は17日、韓国産冷延鋼鈑に対する反ダンピング関税賦課最終決定を控えて公聴会を開く。冷延鋼鈑は熱延鋼板、耐腐食鋼(腐食防止表面処理鋼板)とともに韓国が米国に輸出する主な鉄鋼製品だ。2014年基準で輸出額は計2億6150万ドルだった。

米商務省は3月の予備判定当時、2.17-6.89%の比較的低い税率を決めた。チュ・ミンソク貿易協会ワシントン支部長は「米国の輸入規制動向を勘案すると、これよりはるかに高い最終税率が決定される可能性が高い」と述べた。米商務省は韓国産耐腐食鋼製品に対しても予備判定時は2.99-3.51%の税率を適用し、最終判決時には8.75-47.8%へと税率を大幅に引き上げた。

◆輸出51億ウォン企業も提訴

米国政府の反ダンピング調査は、韓国中小企業までも対象にして推進されている。

4月中旬、米商務省はフェロバナジウム(切削工具などに使用される合金鉄)生産会社のウジン産業やコバンに対する反ダンピング調査を始めた。これら企業の米国輸出額は昨年1460万ドルだった。同種の米国企業は韓国企業のダンピングマージンが70%にのぼるとし、それに相当する反ダンピング関税を課すべきだと主張している。

米国際貿易委員会(ITC)は4月末、リン銅(phosphor copper)生産会社ボンサンに反ダンピング予備判定を下した。ボンサンが13-67%のダンピングマージンで輸出し、米国企業に被害を及ぼした事実を認めるという内容だ。銅を溶かす時に使われるリン銅はリン銅溶接棒などの材料として使われる。ボンサンが昨年米国に輸出した金額は431万ドルだった。

キム・チャンギュ駐米韓国大使館商務官は「米国の保護貿易主義性向が11月の大統領選挙を控えてさらに強まっている」とし「韓国企業が被害を減らすための対策を急いでいる」と伝えた。
韓経:米国䆁韓国産鉄鋼・金属に反ダンピング攻勢…中小企業まで調査(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP