주요 기사 바로가기

韓国延坪島の漁民が中国漁船2隻を拿捕(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.06 16:09
0
ワタリガニ漁のため未明に操業に出た仁川延坪島(ヨンピョンド)の漁民が西海(ソヘ、黄海)の北方限界線(NLL)付近で違法操業中だった中国漁船2隻を拿捕した。

仁川海洋警備安全署によると、延坪島の漁船5隻は5日午前5時20分ごろ、NLL南側550メートルで停泊していた中国漁船2隻を拿捕し、延坪島に曳航した。

中国漁船はそれぞれ15トン、22トン級の木造船で、計11人の船員が乗っていた。15トン級の中国漁船からはワタリガニなどが入った20キロの箱が2個、22トン級からは1個が見つかった。拿捕当時、中国船員は就寝中で、特に抵抗なく延坪島に曳航してきたことが分かった。

中国漁船を拿捕した延坪島の漁船はこの日午前4時50分ごろ出発した。そしてNLL近隣で違法操業をする中国漁船70-80隻を目撃した。これに対し、韓国の漁船19隻のうち5隻が意気投合し、他の漁船から離れていた中国漁船2隻にロープを掛けて延坪島に曳航した。

韓国海軍は延坪島レーダー基地でこの日午前5時6分ごろ、韓国の漁船が漁場を離脱して延坪島の北側で中国漁船周辺を旋回するのを発見した。このため高速艦艇4隻と高速ボート3隻をNLL近隣に急派し、韓国漁船のNLL進入を防ぎ、北朝鮮の挑発に備えた。

海洋警察も警備艦艇2隻と延坪特攻隊高速ボート1隻を直ちに現場に出動させた。海洋警察は中国漁船の船員の身柄を漁民から引き渡され、調査している。また韓国の漁民を相手に中国漁船を拿捕した経緯を調査している。

漁民が中国漁船を拿捕した理由は、中国漁船の違法操業でワタリガニ漁獲量が毎年減少するなど被害が大きいからだ。実際、2013年に9984トンだったワタリガニ漁獲量は昨年6721トンと、30%ほど減少した。今年1-5月の仁川海域でのワタリガニ漁獲量は620トンと、前年同期(1743トン)の35.5%ほどだ。漁民は水温など環境変化のほかにも中国漁船の無分別な漁獲が問題だと指摘している。

パク・テウォン延坪島漁村係長は「最近ワタリガニがほとんど獲れなくなっている状況で、漁民がNLL周辺に大量に集まる中国漁船を見て激憤し、拿捕したようだ」とし「中国漁船による漁民の被害は日々深刻になっているが、政府はきちんと取り締まりをしていない。漁民が自ら中国漁船を拿捕するほど深刻な状況だ」と話した。
韓国延坪島の漁民が中国漁船2隻を拿捕(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国延坪島の漁民が中国漁船2隻を拿捕(1)

    2016.06.06 16:09
    뉴스 메뉴 보기
    ワタリガニ漁をする韓国漁民が5日未明、延坪島北東側のNLL付近で違法操業中の中国漁船2隻(15トン、22トン級)を拿捕した。写真は延坪港に曳航された15トン級中国船舶。(写真=仁川海洋警察)
    TOP