주요 기사 바로가기

孫正義会長も借金は恐ろしい…アリババ株79億ドル相当売却(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.02 08:54
0
やはり借金は恐ろしかった。ソフトバンクの孫正義会長が決断した。大事なアリババの株式の一部を処分することにした。雪だるま式に増えた負債を手当てするためだ。ソフトバンクは1日、「会社の現金を増やし負債の負担を減らすためアリババの株式の一部を売ることにした」と発表した。同社が発表した売却代金は79億ドルだ。

孫会長がアリババの株式を売るのは16年ぶりだ。彼は2000年に2000万ドルを投資してからアリババの株式を買い増していった。彼が保有する株式は7億9770万株まで増えた。2014年8月のアリババの上場直前には持ち分率は34.4%に達した。

ただアリババ上場で持ち分率は32%に低くなった。ブルームバーグは「孫会長が株式79億ドル分を整理すれば持ち分率は28%となる」と説明した。

孫会長がいくらでアリババ株を取得したのか平均取得価格は公開しなかった。ただ「ウォール街の人たちは孫会長が2000年に2000万ドルを投資した時を基準として少なくとも2000倍程度の利益を得たとみている」とトムソンロイターは伝えている。ウォールストリートジャーナルは「孫会長の収益率は米国のベンチャー投資の歴史でも極めて例外的」と評した。

アリババの筆頭株主が本格的に株式の処分に入ったのだろうか。ソフトバンクはこの日の声明で、「ソフトバンクとアリババは2000年以降16年にわたって極めて緊密な関係を築いてきた。今後もこの関係は変わらないだろう」と明らかにした。

わからないことだ。孫会長のこの日の株式売却は状況に押されて進められた。ブルームバーグは「ソフトバンクの負債が2013年下半期以降急に増えた」と伝えた。約2兆円から今年4月には11兆9000億円と5倍以上増加した。禍根は2013年の米移動通信会社スプリントの買収だった。ウォールストリートジャーナルは「孫会長が220億ドルをかけてスプリントを買収したが、2年以上過ぎたのにスプリントの業績は回復する兆しが見られない」と伝えた。
孫正義会長も借金は恐ろしい…アリババ株79億ドル相当売却(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP