주요 기사 바로가기

朴大統領「アフリカと5年間に人材1万人交流」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.28 11:17
0
エチオピアを国賓訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日(現地時間)、首都アジスアベバのアフリカ連合(AU)を訪問し、ネルソン・マンデラ・ホールで特別演説をした。AUはアフリカの国連と呼ばれる。モロッコを除いた54カ国が参加している。ここで演説した韓国大統領は朴大統領が初めてだ。

朴大統領は「アフリカの新しい未来に向けた共生パートナー」と題した演説で、「韓国が過去の半世紀に試行錯誤を経て体得したさまざまな開発経験を共有したい」とし「アフリカの青年雇用機会を増進させる『双方向1万人交流計画』を推進する」と述べた。朴大統領は「今後5年間、アフリカの人材6000人に韓国やアフリカで教育、訓練を受ける機会を提供し、韓国のボランティア団4000人をアフリカに派遣する」と話した。交流計画には5年間に約2億ドルの支援が行われる。韓国政府は今年初めてAUに平和基金200万ドルも支援する。

朴大統領は「何よりも韓国がアフリカと共有したいのは、できるという自信と挑戦意識」とし「セマウル運動は単なる開発運動ではなく、自ら立ち上がるようにした精神革命運動」と説明した。続いて「韓国はアフリカと『互恵的で未来志向的な経済協力』を築いていきたい。(韓国とアフリカが)共に歩んでいくパートナーになることを望む」と述べた。

この日の演説には、ドラミニ・ズマAU執行委員長、エチオピアのデサレン首相、韓国戦争(朝鮮戦争)参戦者など約1300人が参加した。朴大統領は演説の前、ズマAU執行委員長と会談し、北朝鮮の核開発に反対するというAUの立場を再確認した。

朴大統領はAU訪問に続き、南スーダンに派遣されたハンビッ部隊の将兵15人に会って激励した。ハンビッ部隊は2013年3月以降、計1800人が派兵され、南スーダンの再建と人道的支援の任務を遂行している。続いて朴大統領はテショメ・エチオピア大統領の案内で韓国戦争参戦勇士記念公園で行われた記念式に出席した。アフリカで唯一の韓国戦争参戦国のエチオピアは「撃破しろ」という意味のカンニュ部隊(参戦兵力3518人)を派遣し、122人が戦死、536人が負傷した。

朴大統領は韓・エチオピア・ビジネスフォーラムでは「糸が集まればライオンも捕まえることができる」というエチオピア格言を紹介し、「メルカム・アデル(幸運を祈る)」と現地語であいさつした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「アフリカと5年間に人材1万人交流」

    2016.05.28 11:17
    뉴스 메뉴 보기
    エチオピアを国賓訪問中の朴大統領が27日午後(現地時間)、首都アジスアベバにある韓国戦争(朝鮮戦争)参戦記念公園で行われた第65周年参戦記念式で参戦者と握手している。この日午前、朴大統領は韓国の大統領では初めてアフリカ連合(AU)本部で特別演説をした。
    TOP