주요 기사 바로가기

韓国「無差別殺人」女性被害者の追悼の波が拡散(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.20 15:37
0
海外でも似たような事例があった。2014年5月23日に米国カリフォルニア州でエリオット・ロジャー(当時22才)という大学生が銃を乱射し、本人を含む7人が死亡した。犯人は犯行前、女性への嫌悪を表した殺人予告動画を撮り、その以後オンラインで女性嫌悪や差別への反対運動が起こった。人々は「すべての女性が差別を体験する」という意で「YesAllWomen」というタグをつけて女性嫌悪事例を共有したり解決策を討論したりした。今回の動きが韓国版「YesAllWomen」現象として広まる可能性があることを示唆する部分だ。

「無差別犯罪」と知らされた殺人事件が女性嫌悪に反対する市民運動につながったのは犯人キム氏(34)の陳述のためだ。キム氏は「女たちにたくさん無視されたが、これ以上耐えられず犯行に及んだ」と警察に述べた。その後「これは明らかな女性嫌悪の犯罪なので、無差別犯罪と呼んではいけない。女性嫌悪の犯罪を防ぐために積極的に取り組まなければならない」という意見があふれた。また男女共用トイレに対する不安感を訴える人も増えた。女性たちは「カメラの盗み撮り犯罪でも足りず、殺人まで起きた共用トイレについて改善策を出さなければならない」と口をそろえた。

◆警察「犯行動機は継続捜査」=警察は女性嫌悪の犯罪と結論を出すのはまだ早いと説明した。キム氏が該当の陳述をして女性が入ってくるのを待って殺害したのは正しいが、精神分裂症で4回も入院したキム氏の陳述をそのまま犯行動機として受け入れるのは難しいということだ。

警察関係者は「キム氏は1月最後に退院する時も薬をしっかり服用しなければ再発する可能性があると医師が警告したほど精神分裂症状が深刻だった」として「プロファイラーも1次心理面談の後『キム氏が女性から被害にあった具体的な事例がなく、被害妄想によって普段から被害を受けていると思っていたようだ』という意見を出した」と話した。警察はプロファイラーを通じて犯行動機を捜査している。

一方で裁判所は「犯罪が重大で、逃亡したり証拠を隠滅したりする心配がある」としてこの日キム氏に対する拘束令状を出した。
韓国「無差別殺人」女性被害者の追悼の波が拡散(傂)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国「無差別殺人」女性被害者の追悼の波が拡散(2)

    2016.05.20 15:37
    뉴스 메뉴 보기
    同日、大邱(テグ)地下鉄の中央路(チュンアンノ)駅2番出口には犠牲者追悼メッセージが張り出された。
    TOP