주요 기사 바로가기

韓国女性を卑下? 「歓楽街前のブランド女」写真展示を中断したディオール

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.13 14:05
0
フランスのファッションブランドのクリスチャンディオールが最近、韓国女性の卑下議論を引き起こしたいわゆる「歓楽街前のブランド女」の写真展示について謝罪し、該当作品の展示を中断した。

クリスチャンディオールコリアは12日「最近『Lady Dior as Seen by』で展示されたイ・ワン作家の作品(韓国の女)に対する議論で心配をお掛けしたことについて謝罪する」として「該当作品は展示を中断し、これ以上展示しない」と明らかにした。

これに先立ちクリスチャンディオールは2月からソウル清潭洞(チョンダムドン)にあるフラッグシップ店舗「ハウスオブディオール」で、看板商品の「レディーディオール」ハンドバッグを多様な作品で表現した展示会を開きながらイ・ワン作家が出した『韓国の女』を展示した。黒いワンピースにハイヒールで着飾った若い女性が赤いレディーディオールバッグを持って「王宮の厨房」「ルーム費無料」といった看板が並ぶ歓楽街に立っている合成写真だ。

この写真が知られながらインターネットでは「韓国女性を、性を売ってブランドバックを購入する人として卑下しているのではないか」という批判が出てきた。また一部のネットユーザーはこうした作品を出した作家だけでなく、これを展示することにしたクリスチャンディオールの判断にも問題があると主張した。非難の世論が激しくなると負担を感じたクリスチャンディオールコリア側が該当作品の展示中断と謝罪を決めたのだ。

これについてイ・ワン作家は「ディオール側が相談もなく作品を降ろしたことについては遺憾だ」として「『女性嫌悪』という見解でネットユーザーたちがむやみに広めてマスコミが扇情的に報道しながら作品の意図が歪曲されて議論が大きくなった」と主張した。それと共に「就職はもちろん容貌さえも競争しなければならない韓国の表面的な消費文化と欲望を描き出して社会にメッセージを与えたかった」として「光州(クァンジュ)の忠壮路(チュンジャンノ)で撮影したが、昼と夜を同時に表現するために看板を合成する技法を一部使っただけで若者たちが生きている現実空間の姿から大きく外れていない」とつけ加えた。

一方クリスチャンディオール本社は作品性を高く評価して最近イ・ワン作家をはじめとする参加作家の作品を全て購入したことが確認された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP