주요 기사 바로가기

日本で韓国人20代女性留学生が死亡…全身に暴行が疑われるあざ

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.28 11:33
0
日本で亡くなった韓国人留学生の身体から暴行が疑われるあざが見つかり、警察が捜査している。

28日、朝日新聞など日本メディアは26日に韓国人留学生趙さん(23)が兵庫県西宮市のあるアパート前の路上で意識不明だったところを病院に運ばれたと報じた。

報道によると、趙さんはその後病院で死亡が確認され、兵庫県警は解剖検査の結果、腹部の打撲による出血性ショックの疑いがあると発表した。

趙さんの胸部、腹部、両腕などからは殴られたようなあざが複数確認された。これを受けて県警は27日、傷害致死事件として捜査を始めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP