주요 기사 바로가기

「北の『先に非核化』は不可能…現実的な代案は核凍結」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.26 11:53
0
北朝鮮の4回目の核実験や長距離ミサイル発射などの挑発は国際社会を大きく刺激した。国連安保理の対北朝鮮制裁決議案2270号を含め、国際社会は前例のない強力な対北朝鮮制裁を履行している。

こうした強力な制裁で対話が消え、北朝鮮の核問題が過度に高度化することを懸念する声が提起されている。今年で創立5周年を迎える韓半島(朝鮮半島)フォーラムが25日、ソウルのロッテホテルで「北核問題と韓半島平和」をテーマに討論した。

権万学(クォン・マンハク)韓半島フォーラム会長(慶煕大教授)はこの日の基調演説で、「北の核の脅威が完成点に向かっている現状況で、北の『先に非核化』は不可能に近い」とし「制裁に依存する強圧政策は完全に失敗し、北の核が高度化するのを防げなかった」と評価した。高有煥(コ・ユファン)東国大教授も「韓米が『先に核廃棄』論から『先に高度化防止、後に廃棄』に政策を修正しなければ、北の核能力はさらに高度化するだろう」という見方を示した。洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)中央日報・JTBC会長は歓迎の辞を通じて、「非核化の小さな進展でも確保し、これを動力に交流協力を生かし、相互好循環を図らなければいけない」と述べた。

北核の高度化を阻止する方法として非核化より核凍結をすべきだという代案が続いた。米スタンフォード大国際安保協力センターのロバート・カーリン研究員は「北の核が高度化していくという点を考慮すれば、現実的な代案は核凍結」と主張した。カーリン研究員は「北が核凍結のための条件を無視せず再検討する必要がある」と提案した。中国南京大の朱鋒教授は「制裁を通じた吸収統一は非現実的」とし「すでに核武装した北朝鮮を韓国が征服するのは難しい」と強調した。朴仁フィ(パク・インフィ)梨花女子大教授も「北の自らの核に対する信頼が高まりながら、核武装の動機も強まる」と分析した。

北朝鮮に核を放棄させるためにはより強力な制裁が必要だという主張もあった。現在の対北朝鮮制裁に限界があるためだ。張亨寿(チャン・ヒョンス)漢陽大教授は「北が核・ミサイルに対する部品を独自で調達したり、すでに十分な量を国内外で確保した可能性が高い」とし「北の核保有国主張を変えるためには対イラン制裁より強力な経済封鎖レベルの制裁が必要だ」と主張した。国立外交院の田奉根(チョン・ボングン)教授も「北は自発的に核を放棄する国ではないため、核を放棄させるには、より強力な制裁と圧力が必要だ」と述べた。

この日の会議で激しい論争があったのは平和協定締結問題だった。パク・ミョンリム延世大教授は「平和体制の議論を排除した非核化の方法を我々が持っているのか疑問」とし、平和体制のための議論の必要性を提起した。しかし李泰植(イ・テシク)元駐米大使は「我々が追求する北核問題解決案に平和協定が含まれるのか分からない」と懐疑的な立場を示した。北朝鮮大学院大学の宋旻淳(ソン・ミンスン)総長は「平和体制の議論は南北が当事者にならなければいけない」と強調した。申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使は「平和協定と平和体制は全く違う話であり、概念の区分が必要だ」と指摘した。

出席者は北朝鮮の核問題と南北関係を突破する韓国の動力不在を懸念した。キム・ヨンヒョン東国大教授は「我々が金正恩(キム・ジョンウン)政権の自己判断能力を過小評価する傾向は改めなければいけない」と指摘した。この日の会議は李洪九(イ・ホング)元国務首相がウィリアム・ペリー元米国防長官の言葉を引用しながら終えた。「北の非核化に対するペリープロセスはすでに過ぎた。今はコリアプロセスが必要だ」。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北の『先に非核化』は不可能…現実的な代案は核凍結」

    2016.04.26 11:53
    뉴스 메뉴 보기
    韓半島フォーラムが25日、ソウルロッテホテルで「北核問題と韓半島の平和」をテーマに創立5周年学術会議を開いた。白栄哲(ペク・ヨンチョル)理事長(真ん中)が開会の辞を述べている。韓半島フォーラムは北朝鮮と北東アジア関連分野の最高専門家40余人による平和と統一のロードマップを提示してきた。
    TOP