주요 기사 바로가기

韓国代表する知性6人、総選挙を診断(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.04.17 13:11
0
4月13日の総選挙の結果は政治地形の大変化だった。だれも権力を独占できない3党体制と与小野大国会。

専門家らは「有権者が投票で『1987年体制』を破った」という診断を出している。87年の民主化で大統領直接選挙制を勝ち取って大統領5年単任制と小選挙区制は韓国政治の骨組みになり、小選挙区制がボス政治と結合し地域割拠政治の弊害も固定化された。だが今回の総選挙では「保守の心臓」大邱(テグ)をはじめとする嶺南(ヨンナム)圏で「共に民主党」と野党性向の無所属当選者が多数輩出された。湖南(ホナム)でも与党セヌリ党の当選者が2人出た。地方区投票と比例代表投票を異なる政党に入れる有権者の戦略的なクロス投票の前に小選挙区制は事実上無力化された。

中央SUNDAYが李洪九(イ・ホング)元首相、金滉植(キム・ファンシク)元首相、趙淳(チョ・スン)元経済副首相、金禹昌(キム・ウチャン)高麗(コリョ)大学名誉教授(英語英文学)、崔章集(チェ・ジャンジブ)高麗(コリョ)大学名誉教授(政治学)、金秉準(キム・ビョンジュン)国民大学教授(行政政策学部)の韓国を代表する知性6人に総選挙結果に対する意見を聞いた。彼らは各論では▽改憲論▽選挙制度改編論▽政治文化改善論など多様な解決法を提示したが、「すでに旧体制となってしまった87年体制を超え30年ぶりに新しい民主主義体制を作る努力を始めなければならない」というところでは一致した。「第20代総選挙が旧体制の最後の選挙になるように願う」ともした。

87年体制に対し李洪九元首相は「韓国の国民や政界は当時直接選挙制・単任制に改憲すればいいと単純に考えた。民主主義のその残りを満たすのに気を遣うことができなかった」と評価した。崔章集教授もやはり「87年には大統領直接選挙制を成し遂げただけで大統領が国をどのように運営して管理するのかに対する悩みはなかった」と指摘した。「大統領にあらゆる事を任せてしまったために韓国の国家権力は中央に超集中化され民主主義が発展しにくく危険に陥りやすい」ということだ。(中央SUNDAY第475号)
韓国代表する知性6人、総選挙を診断(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP