주요 기사 바로가기

アマゾンが韓国進出を敬遠している理由は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.15 15:26
0
ゲームチェンジャー(game changer)とは既存の市場構図を書き替えるような革新的な人物をいう。米国経済専門紙「フォーブス」は14日、「グローバルゲームチェンジャー30人」を初めて選定して発表した。フォーブスは「企業価値が10億ドル(約1095億円)以上に成長した企業の創業者や最高経営責任者(CEO)のうち世の中を変えるゲームチェンジャーを選んだ」と明らかにした。

この中にはマーク・ザッカーバーグ氏、ジェフ・ベゾス氏、イーロン・マスク氏、馬雲氏ら各業種で先頭を走るCEOたちが含まれた。各氏は世界経営のパラダイムを変える人物だ。

ザッカーバーグ氏はフェイスブックでソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)時代を切り開き、ベゾス氏はアマゾンで電子商取引帝国を建設した。マスク氏は電気自動車と宇宙タクシーという未知の領域を開拓中だ。

このリストに韓国人も1人含まれた。電子商取引企業であるクーパン(Coupang)のキム・ボムソク代表(38)だ。フォーブスは「野球の試合に例えるとキム氏は1回表をプレーし終えた流通業界のエースだ。設立6年でクーパンを50億ドル以上の価値を持つ企業に成長させた」と紹介した。

ちょうどクーパンはこの日、国内電子商取引企業としては初めて昨年の年間売り上げが1兆ウォン(956億円)を突破したと発表した。クーパンを運営するフォワード・ベンチャーズ(Forward Ventures)はこの日公示を通じて昨年1兆1337億5000万ウォンを売り上げたと発表した。ただし、営業損失は5470億ウォンに達したと付け加えた。

フォーブスが特に注目したのはクーパンの革新事例だ。クーパンは消費者が品物を注文すると24時間以内に配送する「ロケット配送」と「クーパンマン」システムを構築した。クーパンは商品の配送を宅配企業に頼らない。「クーパンマン」と呼ばれるスタッフが直接配送する。

自ら配送をするため顧客満足度が高まった。顧客は「再度購入したい」と回答している。高速成長の背景だ。

ロケット配送を専門担当するクーパンマンは現在3600人余りに達する。ことし1万人、来年には1万5000人までクーパンマンを増やす計画だ。フォーブスは「アマゾンのベゾス氏が韓国進出を敬遠しているのはクーパンと創業者のキム氏の存在があるため」と伝えた。

だが、クーパンは華やかな成績表だけを出しているわけではない。この日公開したクーパンの昨年の売り上げは2014年に比べて3.3倍増えたが、営業損失もまた前年度比4.5倍増えた。クーパンは大規模赤字に対して「物流とロケット配送のための先制投資費用が赤字の約89%を占める『計画された赤字』」と主張した。

キム氏はハーバード大政治学科を卒業した後、名門大卒業生を対象にした雑誌会社ビンテージメディアを設立した。4年間の経営後、同社をアトランティックメディアに売却した。この時得た資金を元手に2010年5月にクーパンを立ち上げた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アマゾンが韓国進出を敬遠している理由は?

    2016.04.15 15:26
    뉴스 메뉴 보기
    米国フォーブスが14日発表した「グローバルゲームチェンジャー30人」に選ばれたソーシャルコマース大手「クーパン」のキム・ボムソク代表。クーパンは昨年売り上げ1兆ウォンを突破した。(写真=中央フォト)
    TOP