주요 기사 바로가기

韓国五輪選手団長「リオでは悔しい目に遭わないように」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.04.10 10:01
0
大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長は2016年リオ五輪韓国選手団長だ。韓国の五輪選手団を総括するトップとしての意気込みは格別だ。

9日に全羅南道海南(チョンラナムド・ヘナムグン)で第23回大韓サッカー協会長旗全国サッカー大会が行われた。24のクラブから800人余りが参加する大会だ。今回の大会は大韓サッカー協会と国民生活体育全国サッカー連帯会議が統合されてから初の全国大会で大きな意味がある。鄭夢奎会長がこの席に出てきた理由だ。

鄭会長は「学ぶことも多く勉強することも多い。未知の道だ。生活スポーツ体系がうまくつかめていない。だが情熱はある。体系をつかめばさらに発展できるだろう」と確信した。

引き続き「このようにサッカーに対する情熱を持つ人が多いということを改めて知ることになった。今後5部、6部、7部、8部リーグまで作れる先進化システム構築の契機になるだろう」と話した。

五輪選手団長としての意志も明らかにした。

鄭団長は「リオには1カ月を超えて滞在するだろう。良い環境を作れば良い結果が出るだろう。韓国の選手たちが負傷しなければと思う。そして五輪で悔しい目に遭わないよう努力するだろう」と明らかにした。

また、鄭団長は「五輪メダルの色と個数より重要なのは全般的な実力が上がることだ。サッカーだけでなくバドミントンなどすべての種目で実力が全体的に上がることが真の実力だ」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国五輪選手団長「リオでは悔しい目に遭わないように」

    2016.04.10 10:01
    뉴스 메뉴 보기
    韓国五輪選手団長を務める鄭夢奎氏。
    TOP