주요 기사 바로가기

【中央時評】韓国経済、このまま座り込むことはできない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.04 07:56
0
最近、韓国経済には内憂外患が重なった。2008年の経済危機から8年過ぎたが、世界経済はまだ完全に回復していない。中国の経済成長率は5年連続下落し、今後平均6%の成長率を維持するのが難しいという見方だ。韓国の輸出産業が直撃弾を受けている。

労働力が減少し、潜在的な成長力量が減退している。2030年には15-64歳の人口が今より400万人減る。65歳以上の高齢者の人口は600万人以上増え、総人口の4分の1に達する。雇用創出を減らしてもよいのは幸いだが、労働力が減り扶養人口が増えれば成長率が下落する。

より大きな心配は技術発展の速度が遅くなっていることだ。外国技術を模倣しながら成長した韓国の主力産業の競争力は衰退し、これに代わる新産業は育っていない。造船・鉄鋼・石油化学のほか、自動車・電子も世界市場で遅れをとるという見方もある。先端製造業を育成する核心人材と基礎技術が不足している。

人材養成と技術進歩で潜在成長率を高める必要がある。すべての個人が潜在力を発揮できるよう幼い頃から正しい教育環境を提供し、正規教育の質を高めなければいけない。科学・技術の創意的な人材の育成が求められる。適切な職業訓練と生涯学習を通じて、新しい技術発展に合わせて勤労者が能力を着実に開発することも重要だ。労働市場の柔軟性を高め、人的資源が効率的に配分されなければいけない。

後れた制度と規制を改革して競争を促進し、創業を活性化し、新しい技術を開発し、韓国経済に活力を吹き込むことが要求される。大学と政府出捐研究所の研究能力を増進させ、基礎技術の開発に拍車を加えよう。生命工学・人工知能・親環境エネルギーなど第4次産業革命の新産業と医療・観光・金融・文化など高付加価値サービス業が成長する法・制度的環境も必要だ。

先日他界したアンドリュー・グローブ元インテル会長は「三流企業は危機によって破壊され、二流企業は危機を乗り越え、一流企業は危機のおかげで発展する」と述べた。国も同じだ。韓国は何度かのの危機を誰よりも早く克服し、新たに飛躍した一流国家だった。変化に対する速やかな適応力が韓国経済の最高の強みだった。危機が近づいていることも知らずに現実に安住すれば三流国家に墜落する。持続的な成長を基盤に公正な分配と堅実な福祉をともに備えた先進国に進まなければいけない。このまま座り込んで日本の過去20年の前轍を踏むことはできない。
【中央時評】韓国経済、このまま座り込むことはできない(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP