주요 기사 바로가기

新型プリウス、韓国上陸…現代アイオニックと対決

ⓒ 中央日報日本語版2016.03.22 16:49
0
韓国トヨタは22日、ソウルで新型プリウスの発表会を開き、事前契約を開始すると明らかにした。

韓国で発売される新型プリウスはトヨタがコスト削減と生産性の向上を目指して開発した新しいプラットホーム(TNGA)を適用した最初の車種だ。走行性能は最高出力98馬力、最大トルク14.5kg・mで韓国公認複合基準21.9km/l(都心22.6キロ,高速21.0キロ)だ。

発売前から関心が集まっていた現代車の「アイオニック(IONIQ)ハイブリッド」との燃費競争では優劣がつけがたいものとみられる。アイオニックの複合燃費は15インチタイヤ基準22.4km/lで上回るが、都心は22.5km、高速は22.2kmで都心の燃費はアイオニックが0.1キロ高い。

一方、新型プリウスは韓国ではオプションによって基本型(E)と高級型(S)に分けて販売される。

販売価格はそれぞれ3260万ウォン(約317万円)、3890万ウォンで以前のモデルより約100万ウォン高くなっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP