주요 기사 바로가기

<五輪サッカー>孫興民をリオに…トッテナム説得したシュティーリケ監督(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.15 13:19
0
孫興民(ソン・フンミン、24、トッテナム)がリオデジャネイロオリンピック(五輪)に出場する。2012年ロンドンオリンピック(五輪)銅メダル神話を再現するためオーバーエージ(23歳超過選手)として五輪の舞台を踏む。

韓国A代表チームのシュティーリケ監督は14日、孫興民(Aマッチ46試合16得点)を除いた23人の代表メンバーを発表した。昨年8月に顔面複合骨折で代表チームから抜けた李庭協(イ・ジョンヒョプ、25、蔚山)がこの日、A代表に抜擢された。A代表は24日、2018ロシアワールドカップ(W杯)アジア2次予選第7戦(安山)でレバノンと対戦し、27日にはタイ・バンコクで親善試合を行う。

シュティーリケ監督はこの日、孫興民を選抜しなかった理由を説明した。「孫興民のリオ五輪に出場したいという気持ちが強い。申台龍(シン・テヨン)五輪代表監督と話し合い、3月のAマッチには孫興民を選抜しないことにした。その代わりトッテナム球団に孫興民の五輪本大会出場に協力してほしいという公文書を送った。前向きな答弁を待っている」。

五輪まで5カ月を残してオーバーエージを発表したのは異例だ。2012年ロンドン五輪当時、洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は大会1カ月前にオーバーエージ選手を公開した。五輪サッカーは出場年齢を23歳以下に制限している。その代わり出場名簿18人のうち3人は23歳を超えてもオーバーエージとして選抜できる。今年24歳の孫興民が五輪に出場するにはオーバーエージ枠で出場しなければいけない。しかし五輪は代表選手の招集に応じる国際サッカー連盟(FIFA)義務規定がない。所属チームの許諾が必須だ。

今季イングランドプレミアリーグ初優勝に挑戦中のトッテナムは14日現在、首位のレスターシティに勝ち点2の差の2位につけている。こうした状況で孫興民が3月の韓国代表チームの試合に出場するのは容易でない。もちろんトッテナムはFIFA規定に基づき、大韓サッカー協会の要請がある場合は3月のAマッチデーに孫興民を送り出さなければいけない。
<五輪サッカー>孫興民をリオに…トッテナム説得したシュティーリケ監督(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <五輪サッカー>孫興民をリオに…トッテナム説得したシュティーリケ監督(1)

    2016.03.15 13:19
    뉴스 메뉴 보기
    孫興民(ソン・フンミン)
    TOP