주요 기사 바로가기

<サッカー>孫興民が去った独ブンデスリーガに日本旋風

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.11.13 14:23
0
孫興民(ソン・フンミン、23、トッテナム)が離れた独ブンデスリーガに日本旋風が起きている。

昨季までブンデスリーガ最高のアジア出身選手はバイヤー・レバークーゼンに所属していたFW孫興民だった。孫興民は2014-15シーズンに17得点(リーグ11得点、UEFAチャンピオンズリーグ5得点、カップ戦1得点)し、特級FWに仲間入りした。孫興民は8月、移籍料3000万ユーロ(約42億円)でイングランドプレミアリーグのトッテナムに移籍した。しかし2015-16シーズンのブンデスリーガではアジア旋風が相変わらずだ。孫興民の空席は日本選手が埋めた。

その先鋒は日本代表の「エース」香川真司(26、ドルトムント)。香川は12日現在、攻撃ポイント8(3得点5アシスト)をマークし、14得点3アシストのピエール・エメリク・オーバメヤン(26)、5得点5アシストのヘンリク・ムヒタルヤン(26)に次いでチーム内で攻撃ポイント3位タイ(マルコ・ロイス、7得点1アシスト)だ。

独サッカー専門紙キッカーは香川をロイスとともに「強者」ドルトムントの攻撃を主導する「両軸」と見ている。

先月25日に行われたアウクスブルク戦(5-1勝利)では、香川の真価が表れた試合だった。香川は「アシストハットトリック」を達成し、ドイツ日刊紙ビルトから最高評点の1点を受けた。評点1点は一般的にハットトリックを記録したゴールゲッターでなければ受けにくい。しかし香川は1得点もせず最高の選手に選ばれた。2-0とリードした前半33分には絶妙のヒールキックでロイスのゴールをアシストする「サッカーセンス」を見せた。ビルト紙は「偉大な香川ショー(Die Grosse Kagawa Show)」と絶賛した。香川は現在キッカーの選手ランキング20位。ドイツ最強バイエルン・ミュンヘンの主軸デヴィッド・アラバやティアゴよりはるかに高い順位だ。

今季ブンデスリーガにデビューした日本代表のFW武藤嘉紀(23、マインツ)もドイツサッカーを驚かせた。武藤は今季リーグ11試合で6得点し、得点ランキング7位。チーム内でも得点2位で、主軸FWとして認められている。特に1日のアウクスブルク戦(3-3引き分け)ではハットトリックを達成し、独メディアの注目を浴びた。この試合の後、武藤はキッカー選手ランキング20位まで上がり、現在は47位にランクされている。専門家は「サッカー知能」が優れ、ゴール前での頭脳的なプレーが目を引くという評価だ。武藤は名門の慶応大でサッカーと経済学を併行した特異な履歴を持つ。

このほか、MF清武弘嗣(26、ハノーバー)もチームの中心選手として活躍中だ。清武は3得点4アシストでチーム内の得点・アシスト1位。キッカーランキングでは38位だ。

具滋哲(ク・ジャチョル、26)、池東源(チ・ドンウォン、24、ともにアウクスブルク)をはじめとする韓国選手は誰も50位内に入っていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP