주요 기사 바로가기

韓国ドラマ『太陽の末裔』、日本へ1話あたり約10万ドルで輸出

ⓒ 中央日報日本語版2016.03.14 17:16
0
俳優ソン・ジュンギと女優ソン・ヘギョが出演しているKBS(韓国放送公社)第2テレビのドラマ『太陽の末裔』が、計20億ウォン(約1億9200万円)で日本の輸出を確定させたことが分かった。

13日、韓国メディア「聯合ニュース」は、同作は最近、日本に1話あたり約10万ドル(約1138万円)の輸出契約を結んだと報じた。全16話である同作の契約総額はウォンに換算すると約20億ウォンに達する。

これは最近3年間で1話あたり10万ドル以下で販売された他の韓流ドラマの日本輸出価格と比較すると異例だ。日本国内の韓流ブームの再燃を期待させている。

一方、『太陽の末裔』はウルクという見知らぬ土地に派兵された軍人と医師を通じて、極限状況の中で愛し連帯する人々の物語を描いたヒューマンメロドラマだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ドラマ『太陽の末裔』、日本へ1話あたり約10万ドルで輸出

    2016.03.14 17:16
    뉴스 메뉴 보기
    KBS第2テレビのドラマ『太陽の末裔』ポスター
    TOP