주요 기사 바로가기

中国外交部長「韓半島に火薬の臭いが充満…5カ国接触も可能」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.09 10:05
0
中国は、北核問題を対話による解決の道に引き戻すためなら、6カ国協議だけでなく3カ国や4カ国、5カ国接触などについてもオープンな立場だと王毅中国外交部長が8日、明らかにした。

王氏はこの日、全国人民代表大会(全人代)メディアセンターで行った記者会見で「韓半島(朝鮮半島)問題を対話テーブルに復帰させるための助けになるなら、我々は各国が提起した3カ国、4カ国、さらに5カ国接触まで含めてすべてにオープンな立場だ」と述べた。韓国が提案した北朝鮮を除く5カ国協議に対し、中国が前向きな態度を示したのかどうかが注目される。中国は従来、北朝鮮を除く5カ国だけの協議が北朝鮮を刺激するという理由で消極的な立場を取っていた。

王氏はこの日、韓半島問題に関連して対話の必要性を強調した。王氏は「国連安全保障理事会(安保理)常任理事国として、安保理決議2270号を含めた決議案を執行する責任と能力がある。中国は安保理決議が完全に執行されなければならないと認識している」と述べた。引き続き「2270号決議には制裁だけがあるのではなく、6カ国協議を支持して各国が緊張を高めるような行動を自制するという内容にも言及している。制裁は必要手段で、いま急がれることは安定を維持することであって根本的な道は対話」と強調した。

王氏は「最近、韓半島状況は刀を抜いて弓を引いた『剣抜弩張』の状況で火薬の臭いが充満している。緊張が高まり統制力を失うような状況になってしまえばどの国にとっても災難になるだろう」と懸念を示した。あわせて「中国は北朝鮮の核・ミサイルプログラムの推進に巻き込まれることはない」と警告した。

一方、米国務省のジョン・カービー報道官は7日、北朝鮮の先制的核打撃の主張に対して「我々は北朝鮮の核攻撃威嚇を深刻に受け止めており、北朝鮮が挑発的な言動を中断するよう再度求める。北朝鮮の威嚇を過度に懸念する必要はないが、北朝鮮に韓半島の緊張を和らげる意思がないなら、同盟の防衛力量を強化するほかない」と強調した。

カービー氏は韓米合同軍事演習に関連し、「40年間続けてきたこの訓練で、韓半島の防衛義務のある我々がこのような訓練を継続しないのは無責任なこと」と述べた。カービー氏は高高度ミサイル防衛(THAAD)体系については「THAAD配備をめぐりいかなる決定も下されていない。(北朝鮮の)若い独裁者がもっと責任ある方向に進もうとする意志と能力があるなら、こうした協議は必要なくなるかもしれない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP