주요 기사 바로가기

【時視各角】袋叩きの境遇になった韓国ウォン(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.25 09:14
0
問題は人民元だが、心配はウォンだ。ウォンはこのところ人民元の「プロキシ(代理)通貨」と呼ばれる。中国経済への依存度がそれだけ高まったという意味だ。今年に入りウォンは人民元に沿って踊っている。人民元との相関係数は0.87まで上昇した。事実上人民元と連動しているという話だ。甚だしくは人民元が下落すると予想しあらかじめウォンが下がったりもする。先週末にウォンが急落したのもそのためだ。韓国銀行と企画財政部が同時に口先介入し一時的に沈静させたが、ウォン下落傾向は元に戻せなかった。

「ウォンから脱出せよ」という掛け声も相次いでいる。モルガン・スタンレーは数日前にウォンを通貨売り優先順位に上げた。やはり▽中国経済と相関関係が高い▽グローバル貿易に依存する▽家計負債が多い――というのが理由だ。フランクリン・テンプルトンは先月、ウォン国債2兆ウォン相当以上を売った。「人民元が危険になればウォンも無事ではいられない」というプロキシ通貨の「代理人等式」が国際金融市場に広がっているのだ。

むしろ人民元は耐えられるだろう。米財務相を務めたローレンス・サマーズは「金融にも恐怖の均衡が存在する」とした。「核戦争は共倒れを招くので核兵器保有がむしろ核戦争を抑制する」という恐怖の均衡になぞらえて言ったものだ。中国経済が完全に壊れれば米国も耐え難い打撃を受けかねない。米国が中国を追い詰めても共倒れの線までは越えないだろうという話だ。

 
何の関係もなくやられる運命のウォンだけが哀れな境遇になった。先週末に韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「春なのに春でないようだ(春来不似春)」と話した。時期は春なのに、ウォンの春はまったく訪れる兆しがない。泣きっ面に蜂で北朝鮮の核まで問題をあおり立てる。こんな時に衝撃をまともに食らえば本当に第2の通貨危機が来かねない。もう一度私たちの財産を安値で涙とともに売らなければならなくなるかも知れない。それでもこの国の指導者は何の危機意識もない。危機意識がない軍隊は国を守ることができず、危機意識のない経済チームは国富を守ることはできない。

イ・ジョンジェ論説委員


【時視各角】袋叩きの境遇になった韓国ウォン(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP