주요 기사 바로가기

韓経:韓国輸出の墜落加速化…中国・日本よりも大幅減少

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.23 11:11
0
今年に入って韓国の輸出が主な競争国より大幅に減少したことが分かった。最近、国債格付けが下落して代表的なリスク国に挙げられるブラジルよりも輸出実績が良くないと集計された。

22日、世界貿易機関(WTO)は各国が発表した1月の輸出実績を分析した結果、韓国の輸出の減少幅(18.8%)が日本・中国・台湾などよりも大きかったと明らかにした。中国の輸出は今年1月、昨年同月より11.2%減少し、日本は12.8%減少した。台湾の1月輸出の減少率は12.9%であった。

インド(マイナス13.6%)、チリ(マイナス14.2%)などの輸出減少幅も韓国より小さかった。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉妥結の最大の恩恵国とされるベトナムは1月輸出が0.7%の減少にとどまった。

最近、国債格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が国債格付けを「BB+」から「BB」にワンランク降格させたブラジルの先月の輸出減少幅も17.9%で韓国より小さかった。WTOが1月の輸出実績を分析した国の中で韓国よりも輸出が減った国は、インドネシアとシンガポール(それぞれマイナス20.7%)だけだった。

昨年までは相対的に善戦したという評価を受けていた韓国の輸出が今年に入って急減した原因としては、中国の景気鈍化による対中輸出減少と原油価格の下落にともなう輸出単価の急落などが挙げられた。対中輸出の割合(昨年基準26%)が相対的に高い韓国が、中国の景気下落の影響をより多く受けたという分析だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP