주요 기사 바로가기

翼をつけた「観光日本」…気まずい関係の韓国人も大歓迎(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.02.22 10:17
0
この頃日本では山間部の山里も外国人観光客で混み合う。日本人も一生に一度行くかどうかという山奥に、外国人観光客が訪れる理由は何だろうか。最も大きな理由は、アベノミクス(安倍晋三首相の経済政策)が狙った円安効果だ。アベノミクスは失敗した政策に挙げられる。円安のおかげで輸出業が気力を整えたが、消費が生き返らずデフレーションの泥沼でもがいて経済成長率も引き上げられなかったという理由からだ。だがアベノミクスが集中的に育成した観光産業は翼をつけて勢いよく飛んでいる。

昨年、日本を訪れた外国人観光客は1974万人だった。1年前の1341万人から47%急増した。同期間、韓国は100万人近い6.8%減少して外国人観光客の誘致人員が1323万人に縮小した。日本の円安の威力が大きかった。だが日本の観光立国政策を開けてみれば、円安が全てではないということを知るようになる。

◆北海道から沖縄までホテル新築ブーム

安倍首相は2013年「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」の首長を自任して日本の観光振興策の陣頭指揮に出た。昨年、事実上2000万人目標を早期に達成するとすぐに3000万人目標を新たに前面に出した。観光立国戦略が成果を見せながら日本では宿泊施設の不足現象まであらわれている。北は北海道から南は沖縄まで全国約100カ所でホテルの新築ブームが起きている理由だ。

日本では政府と地方自治体、宿泊・交通業界が総力を挙げて海外広報を強化している。外国人観光客ならば国籍は問わない。最も力を込める対象は韓国と激しい誘致競争を行っている中国人観光客だ。独島(ドクト、日本名:竹島)・慰安婦問題などで気まずい関係の韓国人も日本の観光に来たら大歓迎だという姿勢だ。

先月26日から4日間、日本の観光の魅力を紹介して商品化するためにソウル市観光協会を招いた日本の田舎の高山でもこうした姿勢を確認できた。高山市の海外戦略部長は「一部の事案での外交対立と観光は別だ」として「私たちは平和と親善の姿勢で韓国人観光客を歓迎している」と話した。

高山は海抜3000メートルの山々に囲まれた「日本のアルプス」と呼ばれる日本中部の山里だ。だが海外広報と交通アクセシビリティの改善で外国人が押し寄せている。2012年、9万5000人から昨年35万人に4倍ほど増えた。観光客がたくさんショッピングできるよう3日間の料金を44%割引する交通パスも開発した。

数年前には外国人は顧客を受け入れることもなかった伝統旅館で、伝統を打ち破って外国人を受け入れ始めた。顧客応対のために韓国人従業員を採用する所も続出している。

日本がこのように積極的に立ち向かっている間に、韓国の観光産業は急速に競争力が弱まっている。韓国は2008年以降、外国人観光客の誘致で日本を圧倒してきたが韓流以外で顧客を呼び込む武器がほとんどない。観光の3要素である見どころ・食べ物・お土産の種が全て不足している。18日午後2時、ソウル明洞(ミョンドン)の通りには「コリアグランドセール」の旗がひるがえっていた。化粧品の売り場ごとに最大50%割引を知らせる中国語の案内版がついていて、売り台の前には化粧品のサンプルを手に握った店員がトーンを高めて客の呼び込みに熱中していた。だが路面店でイチゴを売るキム氏は「外国人観光客も明洞に来たら化粧品を買っていくだけで、ほかの物はあまり買わない」と話した。慢性的なぼったくりも問題だ。キム氏は「1個1000ウォン(約100円)する卵パンも外国人からは2000ウォンを受けとっていると悪いイメージだけが積み重なる」と話した。(中央SUNDAY第467号)
翼をつけた「観光日本」…気まずい関係の韓国人も大歓迎(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    翼をつけた「観光日本」…気まずい関係の韓国人も大歓迎(1)

    2016.02.22 10:17
    뉴스 메뉴 보기
    日本のアルプスと呼ばれる高山は、岐阜県でも山間部にあるが多様な支援策を用意して3年後に外国人観光客が4倍に増えた。
    TOP