주요 기사 바로가기

【時視各角】なぜアップルは沈みグーグルが浮上するのか=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.01 11:26
0
グーグルは昨年の30%成長に続き、今年の売上額も20%以上増加する展望だ。グーグルが主導するインターネット広告・ビデオ・モバイル・ウェブブラウジング・電子メール・地図サービスが依然として急成長するためだ。株価収益比率(PER)だけ見てもアップルは10余の価値株に落ち、グーグルとフェイスブックのPERはそれぞれ23と97で成長株の接待を受けている。投資家たちは、アップルの「発想を変えろ(Think different)」よりもグーグルの「想像できないものを想像せよ(Imagine the unimaginable)」をさらに高く持ち上げたのだ。

米国の時価総額はまもなくグーグル-アップル-マイクロソフト-フェイスブックの順にひっくり返るところだ。伝統的強者であるエクソンモバイル・GE・ウォルマートは後ろの方へ押し出される。時価総額だけ見れば私たち人類は、食べて寝て着ることよりも一日中インターネットとSNSをしながら生きていく世の中だ。それで投資の王デニス・ガートマンでさえ「誰もが真の生産よりもゲームやコメントのようなバカなことにはまっている」として地団駄を踏む。だが、お金は常に高い収益の側に流れることになっている。

米国ウォール街のものさしでみれば韓国の大企業は古い価値株たちだ。その上、成長株といえばハンミ薬品・アモーレパシフィック・セルトリオンなどに過ぎない。グーグル・フェイスブックのような韓国版の新芽は見つけるのは難しい。歴代政権が「規制の電信柱」と「爪の下のとげ」を熱心に引き抜いてきたのにそうだ。すでに米国にはUber ・Airbnbなど共有経済の新しいベンチャーまで登場した。「規制の国」韓国では不可能なことだ。韓国の与野党も支持率グラフから抜け出して一度ぐらいはグーグルやアップルの株価グラフを見つめれば良い。特に韓国の野党に切実なスローガンは「Think different」と「Imagine the unimaginable」ではないかと思う。もしかしたら野党が総選挙・大統領選挙で勝つことができる秘訣も、その中に隠れているかもしれない。

イ・チョルホ論説室長
【時視各角】なぜアップルは沈みグーグ讃が浮上するのか=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP