주요 기사 바로가기

韓国環境運動団体、日本の捕鯨再開を強く批判

ⓒ 中央日報日本語版2015.12.08 14:49
0
韓国の市民団体「環境運動連合」は最近捕鯨を再開すると明かした日本を強く批判した。

同団体は7日、ソウル市の日本大使館前で記者会見を行い、「国際社会の非難にもかかわらず、日本が捕鯨を強行している」と批判した。

1日、調査を目的とした日本の捕鯨船4隻は山口県下関港を出港し、南極海に向かった。日本は今回の調査でミンククジラを333頭を捕獲する予定だ。

これに対し、同団体は「科学的な捕鯨を口実に食用に鯨を捕獲しようとしている」として「日本は2005年以降、約3600頭のミンククジラを虐殺したが、そのうち研究に使用された鯨は9頭にすぎず、発表された論文も2本しかない」と伝えた。

続けて「国際社会の非難にもかかわらず、1986年に商業捕鯨が禁じられて以来、日本が捕獲したミンククジラは1万頭にのぼる」とつけ加えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP