주요 기사 바로가기

日本酒ブームとマッコリの瞬間的人気…違いは国の魅力(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.10.20 11:48
0
「もう済州島(チェジュド)には行かないつもりです」。親しい知人の話に驚いた。1年に少なくとも3回、家族や友人とともに、あるいは1人でも済州島を訪れる済州島マニアだったためだ。前回の旅行で大型カフェ、化粧品店が建ち並び中国人観光客で混み合う明洞(ミョンドン)と変わるところがない様子を見て愛情が冷めたようだ。旅行に対する個人の好みはさまざまだが、済州島が大切な忠誠顧客を1人失ったことは確かだ。

企業が新規顧客1人を確保するためには1人の既存顧客を維持するのにかかる費用より少なくて5倍、多くて25倍ほどを投じなければならない。多様なロイヤルティプログラムを稼動して顧客関係を管理する理由もここにある。顧客離脱率は企業の健康状態を示す主要指標でもある。何よりも企業の長期的な成長に必要な核心顧客の離脱を防止することが重要だ。

国も同じだ。ところが最近若い層の間では海外移住のために毎月資金を積み立てて情報を共有する「移民契」が流行している。最近中央日報が大学生800人を対象に実施したアンケート調査でも回答者の70%以上が「移民に行きたい」と答えた。就職の壁を越えられなかった20代から過度な競争に疲れた高学歴エリート、子どもの教育と老後計画が不安な40代まで、社会の心臓であり頭脳、腰の役割をする核心顧客の離脱が予告される。移民まではしなくても希望がなくストレスが激しい地獄のようなところだとして「ヘル朝鮮」を非難する青年も多い。

◇外国人「日本では優遇される感じ」

海外顧客に対する韓国マーケティングにも赤信号が灯った。最大顧客である中国人観客の数は毎年増加しているが、リピーター率は持続的に下落し、2014年には11.6%に落ちた。韓国文化観光研究院が実施した中国人観光客の満足度調査でも韓国は16カ国中14位にとどまった。不満を超え悪感情を抱いて離れる顧客も多い。中国人訪問客の37%が韓国人から無視され、25%は旅行後に韓国に対するイメージが悪くなったと話した。中国官営インターネットメディアの中国網には、「韓国人は私たちを無数のごみと見ている」という記事が掲示され、「無視されるくらいなら韓国には行かない」という話も飛び交う。

このほど英フューチャーブランドが発表した2014~15国家ブランドインデックスは韓国ブランドの現住所を如実に示す。17カ国2530人のオピニオンリーダーとブランド専門家を対象に調査した結果、韓国は20位圏にやっとのことで含まれた。政治的自由、生活の質など暮らしやすい環境次元ではスウェーデン、ノルウェー、デンマークなど北欧諸国が強さを見せた。教育と福祉、職場システムまで、最近の韓国の若者が最もあこがれ移民に行きたい国という点でうなずける。文化遺産、固有性、観光など海外訪問客にアピールする魅力次元でも韓国は最低水準だ。韓国ならではの独特の価値を提供する能力が非常に足りないという意味だ。ブランド指数1位に選ばれた国は日本だった。(中央SUNDAY第449号)
日本酒ブームとマッコリの瞬間的人気…違いは国の魅力(2)

日本酒ブームとマッコリの瞬間的人気…違いは国の魅力(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP