주요 기사 바로가기

【コラム】この国の主は誰ですか=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.01 15:01
0
大韓民国は血も涙もない国になってしまった。デモの途中に警察が発した放水銃を受けて重体となった69歳の男性が17日間も生死の境をさまよっているにもかかわらず、政府は謝罪どころか慰めの一言もしない。いくら違法暴力デモに関連したとはいえ、彼も大韓民国の国民だ。放水銃は暴力デモ隊を解散させるのに使用するものであり、非武装状態の高齢者を照準直射するためにあるのではない。放水銃の使用守則をきちんと守らなかった警察の責任を問うべきだが、政府はデモの暴力性を浮き彫りにすることに没頭している。

私は民主主義に対する朴大統領の認識に深刻な問題があると考える。自分を支持するかどうかに関係なく、大統領は全国民の大統領だ。しかし今、朴大統領は自分と考えが違う人たちを反政府、反国家、反体制勢力として烙印を押し、排撃するのに没頭している感じだ。覆面をかぶって暴力デモをする人たちも大韓民国の国民だ。どうすればこの人たちをイスラム国(IS)のテロリストに例えることができるのだろうか。いま朴大統領がしているのは統合と包容の政治ではなく、分裂と排除の政治だ。

大統領が指示すれば国会は無条件に従わなければいけなのか。なら、国民に代わって政府を牽制するべき国会は存在の理由がない。大統領は後ろから指示し、批判をするような第三者ではなく、国政の最高責任者だ。自分と考えが違う勢力を包容して説得し、物事を処理するのが大統領の役割だ。この国の主は大統領ではなく国民だ。大統領は国民から委任された権力を一時的に行使する公僕にすぎない。国民の上に君臨する王ではない。

外に出れば母はいつも優雅な微笑みを見せる。しかしいつからか家に帰ってくれば笑顔を失い、険しい顔つきで激しい言葉を言う。母の温かい手と慈愛深い微笑みが懐かしい。我々は誇らしい大韓民国の国民になりたい。

ペ・ミョンボク論説委員・巡回特派員
【コラム】この国の主は誰ですか=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP