주요 기사 바로가기

「韓国、米中対立構図を変えるゲームチェンジャーになるべき」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.11 08:14
0
--MIKTA創設主導者として中堅国の役割は。

「個人的に中堅国という用語は好きでない。懸け橋建設者(bridge-builder)と呼びたい。米国は環太平洋経済連携協定(TPP)、中国はアジアインフラ投資銀行(AIIB)を主導的に創設したが、お互い相手国が自国を牽制するために作ったのではないかと疑う。TPP、AIIBともに経済協力体だが、米・中が主導して政治的に変質した側面がある。これを韓国やインドネシアが主導したとすれば、こういう疑いはなかったはずだ。国際協力体を作る時は内容に劣らず誰が主導したかが重要であるだけに、懸け橋建設者が動く必要がある」

--米国は浮上する中国を封じ込めようとするのか。

「封じ込めは冷戦時代の考え方だ。当時、相手陣営の不利益は自分たちの陣営の利益というゼロサムゲームマインドが強かった。今はもう二者択一の視点が世界を眺めてはいけない。現在、米中は経済的に密接に関係している。東アジアの環境は流動的であり恒久的に変わる特徴を帯びているため、動的均衡(dynamic equilibrium)を維持する必要がある。このため韓国など利害当事国は共同安保と共同繁栄の原則を基盤に国際規則・規範を作る責任がある」
「韓国、米中対立構図を変えるゲームチェンジャーになるべき」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP