주요 기사 바로가기

TPP、最高レベルの開放…韓国のFTA効果は残り3年(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.06 08:49
0
5日に公開された環太平洋経済連携協定(TPP)の協定文書は、妥結当時に予想されたように高いレベルの市場開放を予告している。韓国と自由貿易協定(FTA)を締結した国の市場開放レベルが98-100%だが、TPPも今後30年間に95-100%の市場開放を目標にしている。長期的に見ると、2国間FTAを通じて輸出市場を先に獲得してきた韓国には相当な脅威になるということだ。しかし細部内容を見ると、直ちに韓国の輸出に大きな影響を及ぼすことはないとみられる。むしろ韓国が早期にFTAを締結して関税を低めてきたため、相当期間はその効果が続くと予想される。

例えば米国がFTAとTPPを通じて韓国と日本にそれぞれ提示した工業製品市場の開放率は100%と同じだ。ただ、韓国はすでに韓米FTAを通じて関税を段階的に低めてきた。このため2017年初めには韓国は工業製品の95.8%を米国に無関税で輸出できる。一方、2017年にすぐに発効するとしても、日本は米国工業製品市場の67.4%でのみ関税が撤廃される。日本が参加するTPPの発効まで韓国は「時間争い」で有利ということだ。

韓国としてはすでに結んだ中国、ベトナムとのFTAを急いで批准し、TPPが発効するまでに先占効果を最大限に高める戦略が必要だという指摘もある。特に中国、ベトナムとのFTAは毎年一定比率ずつ関税を引き下げることになっている。したがって年内に両FTAが国会で批准されて発効すれば直ちに関税が下がり、新年の来年1月にまた関税が下がるため、韓国製品の価格競争力をそれだけ高めることができる。ホ・ユン西江大国際大学院教授は「韓国はすでに韓米FTAをはじめ、多くの国とFTAを履行している状態」とし「市場先占効果を無視することはできない」と説明した。

TPPが韓米FTAと違うのは投資や規範など「ソフトウェア」的な側面だ。キム・ハクド産業通商資源部通商交渉室長は「TPPは21世紀型貿易規範を制定するという目標のもと、一部の新しい要素を導入している」と述べた。
TPP、最高レベルの開放…韓国のFTA効果は残り3年(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP