주요 기사 바로가기

「資金集めて協力の充実を」…韓日中首脳、協力基金設立へ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.28 07:58
0
来月1日の開催が予想される韓日中首脳会談で朴槿恵(パク・クネ)大統領、李克強中国首相、安倍晋三首相が3カ国協力基金(TCF=Trilateral Cooperation Fund)設立案に合意すると政府関係者が27日伝えた。

この関係者は「学界や市民団体など民間ではさまざまな分野で韓日中協力が活性化している」とし「3カ国はこうした協力の制度化を後押しできる財政基盤を用意する時期になったと判断した」と述べた。これとともに「TCFを通じて資金力が確保されれば協力プロジェクトもさらに充実するはずであり、参加人員と規模も大きくなるだろう」と述べた。

TCFは韓国が先に提案し、中国が支持し、議論が進展したという。3カ国は首脳会談後に採択する共同宣言文(Joint Declaration)にTCF設立に関する内容を盛り込む計画だ。

TCFの規模や運用方法については今後議論を進めることにしたが、各国政府が一定金額を出捐する方法が有力だという。企業などの参加を誘導し、出資を受けるマッチングファンド形式で運用する可能性もある。

共同宣言文ではこのほか歴史認識問題が扱われると外交部当局者は説明した。韓国側が主導し、正しい歴史認識の重要性を強調する内容の文面を作っているという。

今年3月の3カ国外相会談では「歴史を直視し、未来に向かって進むという精神に基づき、3カ国が関連問題を適切に処理し、両国関係の改善および3カ国協力の強化のために努力することにした」という趣旨の共同発表文を採択した。今回の首脳会談共同宣言文にも似たレベルの表現が入るという分析だ。

北朝鮮の核問題に共同対応するという内容も共同宣言文に含まれる。しかし北朝鮮を刺激するという中国の懸念を勘案し、「北朝鮮非核化」でなく「韓半島(朝鮮半島)非核化」と表現される可能性が高いと、政府関係者は説明している。3カ国外相会談でも「韓半島での核兵器開発反対」という表現を使った。

3カ国首脳は共同宣言文を通じて韓日中首脳会談の定例化に合意するという。外交部当局者は「もともと2013年5月に韓国が議長国として3カ国首脳会談を開催するべきだったが、韓日および日中間の葛藤のために会談を開くことができなかった」とし「今回ようやく首脳が会うことになっただけに、3カ国協力の復元を象徴的に見せるために定例化に関する内容を入れることにした」と述べた。
「資金集めて協力の充実を」…韓日中首脳、協力基金設立へ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP