주요 기사 바로가기

【コラム】南北統一の大前提は米中平和関係だ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.23 16:25
0
米国が韓国にミサイル防衛(MD)網に入れ、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に同意しろ、南太平洋の米中紛争で米国支持の立場を明確にしろと圧力を加える限り、そして韓国がこうした要求の一つでも聞き入れる限り、韓半島問題で中国の協力は蒸発してしまう。

西ドイツのブラント政権も、ドイツ統一の第一歩はモスクワから始まるという厳然たる現実を認めて東方政策を進めた。東方政策の設計・執行者エゴン・バールは1970年1月から5月までソ連外相アンドレイ・グロムイコと9回、50時間以上の難しい交渉を行ってモスクワ条約を締結し、ソ連側がドイツ統一を了解するいわゆる「統一書簡」という付属文書を受け入れた。我々はロマンチックな自主統一の幻想を捨てなければいけない。東西ドイツ国境線とポーランド・ドイツ国境線オーデル・ナイセがモスクワ条約で初めて承認されたという事実は、米国と中国の同意と協力なしに韓半島の平和と統一は期待できないという現実と通じる。この不同の現実を受け入れなければならない。

中堅国の韓国の役割がある。着実に南北関係改善を蓄積し、南北関係の改善をテコに米国と中国の背中を相互協力と北東アジア安定に強く押すことだ。クジラの目も目で、エビの目も目だ。韓国は体が小さくても、対抗する両強大国の間で北東アジアの安定に主導的な役割をするほどの力と行動半径はある。しかし心配だ。オバマの南シナ海関連発言を意図的に歪曲する、大統領の口ばかり眺める外交部長官が、果たして北東アジアレベルの戦略的外交ができるだろうか。

 
金永熙(キム・ヨンヒ)国際問題論説委員


【コラム】南北統一の大前提は米中平和関係だ(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP