주요 기사 바로가기

韓国被爆者団体「被爆証言の世界記憶遺産登録運動を開始」

ⓒ 中央日報日本語版2015.10.15 16:20
0
1945年8月、広島と長崎で被爆した韓国人被害者団体が「被爆証言と記録」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産登録を目指す運動を始めると共同通信が15日、報じた。

報道によると、韓国原爆被害者協会の元貞夫(ウォン・ジョンブ)ソウル市支部長は「日本の被爆者とも連携して被害を知らせたい」と話した。彼らは登録運動を通じて被爆者の存在を国内外に訴え、韓国政府の支援と日本政府の賠償などを求める足掛かりにしたいと明らかにした。

これに先立ち、韓国憲法裁判所は、2011年、旧日本軍慰安婦被害者と韓国内被爆者の個人請求権に関連し、韓国政府が日本に協議を要求するなど具体的な措置を取らないのは違憲だと判断していたことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP