주요 기사 바로가기

朴大統領、NASA訪問 「月探査・宇宙分野での韓米協力拡大を期待」

ⓒ 中央日報日本語版2015.10.15 10:07
0
米国を公式訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領は14日(現地時間)、メリーランド州の米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センターを訪問した。

朴大統領はNASAを訪問した席で「韓国の宇宙開発の歴史は短いが、2013年羅老(ナロ)号の打ち上げ成功によって11番目スペースクラブ加入国になった」とし「月探査に対する韓米間協力が拡大し、宇宙分野でも両国の協力が拡大して宇宙資源も共有できる契機になることを願う」と明らかにした。

朴大統領は「(韓国は)これまで蓄積してきた技術を基に2020年までに韓国型ロケットを開発し、これを基にした無人月探査を計画している」とし「宇宙開発技術はそれ自体だけでなく、努力する過程、技術を開発する過程で人類の生活の質を高める応用技術が出ることが魅力的」と伝えた。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は朴大統領の今回のゴダード宇宙センターへの訪問について「韓米両国が宇宙協力を韓米同盟の新しい地平(New Frontier、ニューフロンティア)として推進する意味で行われた」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領、NASA訪問 「月探査・宇宙分野での韓米協力拡大を期待」

    2015.10.15 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP