주요 기사 바로가기

<危機の韓国主力産業>すさまじい中国、恐ろしい日本(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.05 11:27
0
◆現代・起亜車、中国占有率10%以下に

自動車産業の展望も明るくない。世界最大市場である中国で、現代(ヒョンデ)・起亜自動車の位置づけが揺らいでいるのが端的な例だ。昨年6%を超えた現代自動車の中国市場占有率は今年に入って5%台に下がった。4%に迫っていた起亜自動車の占有率は3%台序盤に下落した。

一方、中国の現地企業は躍進している。現代・起亜車のような海外ブランドよりも30~40%安値で車を販売しているからだ。市場占有率3%台序盤で10位圏外だった長安自動車は、今年に入って7月までに占有率を4.5%まで伸ばした。起亜車を超えたのはもちろん7位に跳ね上がり4位の現代車まで威嚇している。同じ期間に長城自動車も起亜車を押しやって10位から8位に上昇した。このままいけば現代・起亜車の今年の年間合算占有率が10%以下に落ちる可能性が高い。

ハイ投資証券のコ・テボン企業分析チーム長は「中国政府が沿岸の大都市の自動車販売量を規制して現代・起亜車をはじめとするグローバル自動車メーカーが困難を経験していることを考慮しても、中国企業の追撃スピードは激しい方だ」と話した。

◆日本は未来の主力産業を先行獲得

日本の雰囲気は違う。一時、韓国に半導体やスマートフォンなど主力産業を奪われて苦戦していた日本は、新たな収益モデルを探して復活している。企業らは大胆な構造調整でこれまでの事業の規模を減らし、新市場に参入している。家電業界の強者ソニーがテレビを分社化してCMOSイメージセンサーに投資を集中し、今年の営業利益を昨年の3倍以上に増やすと展望されているのが代表的事例だ。

政府も果敢な改革で企業を助けている。最近、派遣労働者の派遣期間(3年)の制限をなくす労働改革法案が衆議院を通過した。未来の主力産業の創出のための規制廃止にも先頭に立っている。ロボット産業を育てるために高圧ガス漏出確認を人ではなくロボットがしてもかまわないように法を変えた。ロボットが道を使えるように道路交通法の緩和も行った。
<危機の韓国主力産業>すさまじい中国、恐ろしい日本(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP