주요 기사 바로가기

中国主席の訪米 最初のプレゼントはボーイング旅客機300機購買(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.24 10:22
0
米国を国賓訪問した中国の習近平国家主席が22日(現地時間)、米国の小説家アーネスト・ヘミングウェイと黒人人権運動家マーティン・ルーサー・キング牧師に言及し、最初の対米メッセージを送った。米国に対する自分の関心と理解を表し、両国がお互い深く理解して信頼を高め、ウィンウィンする新型大国関係を築こうという趣旨だ。同時に米国の官民で噴出する中国たたきを意識した行動とも解釈される。

習主席はこの日、旅客機300機購買という最初の「贈り物」も予告した。中国民航報などによると、中国の航空会社と旅客機リース会社は訪米期間中にボーイング社の旅客機300機を購買する予定だ。まずリース会社の工銀租賃(ICBCリーシング)はこの日、ボーイング737-800NGを30機購入する合意書に署名した。中国指導者は増える国内需要に合わせて購入する航空機の導入契約を米国・欧州訪問期間に締結し、外交的な効果を最大化する戦略を駆使してきた。習主席は昨年3月のフランス訪問では100億ドル規模のエアバス70機購買契約を締結し、胡錦濤前主席も2011年にボーイング社に旅客機200機を注文した。

習主席はこの日、訪米最初の到着地シアトルで講演し、「中国と米国は第2次世界大戦当時、世界の平和と正義を守るために同盟として戦い、数千人の米国国民が尊い命を犠牲にした」と述べた。続いて「我々は自由と独立のための闘争に米国国民が与えた支援を決して忘れない」と語った。米中は価値を共有できるという意味とも聞こえる。講演にはキッシンジャー元国務長官、プリツカー商務長官、ビル・ゲイツ・マイクロソフト創業者夫妻など政・財界から約650人が出席した。

習主席は「若い頃、アレクサンダー・ハミルトンの『ザ・フェデラリスト・ ペーパース』、トマス・ペインの『コモン=センス』を読み、ジョージ・ワシントン、エイブラハム・リンカーン、フランクリン・ルーズベルトなど政治家に関心があった」と読書経歴を持ち出した。続いて「私を最も魅了したのはアーネスト・ヘミングウェイの『老人と海』」と話した。このためキューバ訪問ではヘミングウェイがよく行ったバーを訪ね、ヘミングウェイのようにモヒートカクテルを飲んだという。

習主席はオバマ大統領も見たという米国ドラマ『ハウス・オブ・カード」にも言及した。習主席は自身が主導する反腐敗闘争に触れ、「我々は虎であれハエであれすべて捕まえ、ここには共産党内の権力闘争はない。(権力闘争が描写される)ハウス・オブ・カードのようなものはない」と述べ、場内の笑いを誘った。
中国主席の訪米 最初のプレゼントはボーイング旅客機300機購買(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP