주요 기사 바로가기

北朝鮮の核執着 「広島原爆の威力」実感した金日成が開始(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.22 09:11
0
韓米情報当局の対北朝鮮監視網は最近、咸鏡北道の山奥、豊渓里(プンゲリ)に注目している。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が核のボタンに触れているからだ。朝鮮原子力研究院も15日、「いつでも核雷声で応える万端の準備ができている」と威嚇した。これに対し4回目の核実験を示唆したという観測が出ている。3回目の実験でも「自主の核雷声を壮快に響かせた」と北朝鮮は主張した。

豊渓里は2006年10月の最初の北朝鮮の核実験に続き、2009年5月と2013年2月に追加で核実験が行れた場所だ。地下坑道の入口と周辺は米国のキーホール(KH-12)偵察衛星の撮影地になっているという。核実験では数百メートルの坑道を掘り、実験装備を設置する。コンクリートで埋設する過程もある。掘った土の量や車両・人の動きで進展状況を把握できる。

まだ豊渓里で特異な兆候は表れていないというのが情報当局の説明だ。米国の対北朝鮮専門ウェブサイト「38ノース」も「8月以降、変化がほとんどない状態」と伝えている。しかし安心はできない。北朝鮮の核実験を正確に予測したことはないからだ。2004年9月には両江道で発生したマグニチュード2.6の震動を核実験と誤認したこともある。

北朝鮮の核開発の歴史は1965年に旧ソ連からIRT-2000と呼ばれる研究用原子炉を導入して始まったという。ところが金日成(キム・イルソン)主席がはるか以前から核開発構想を具体化していたという主張もある。米国の核投下で日本帝国主義が降伏し、祖国が解放されるのを目撃しながら、威力を実感したということだ。専門家は核開発には技術と資金のほか、最高指導者の意志が必要だと話す。金日成・金正日(キム・ジョンイル)親子の執着が北朝鮮核開発の原動力だったということだ。

統治遺産として核を譲り受けた金正恩第1書記も核物質の量産と小型化・軽量化に力を注いでいる。核兵器7個分に相当する40キロのプルトニウムを抽出して保有していると、韓国当局は推算している。昨年は大同江の岸に46階建て現代式高層マンション2棟を建設し、核開発技術者と研究教授にプレゼントした。
北朝鮮の核執着 「広島原爆の威力」実感した金日成が開始(冂)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP