주요 기사 바로가기

大韓民国の戦闘艦150隻、北朝鮮は750隻…「軍の戦力補強が至急」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.14 11:41
0
国防部の「2014国防白書」によると、2014年12月現在、中国は約233万3000人と主要武器として空母1隻、潜水艦70隻、戦闘機1859機などを保有している。中国は新型戦略ミサイルおよび攻撃型原子力潜水艦、空母の開発を進め、宇宙戦力の強化に努力している。

ロシアは約84万5000人の兵力と空母1隻、潜水艦64隻、戦闘機1320機を持つ。核戦力の増強とステルス戦闘機の開発、新型ミサイルの開発に没頭し、北極海と宇宙戦力の強化も図っている。

日本は約24万7000人の兵力とイージス艦6隻、潜水艦18隻、戦闘機340機を保有している。F35、早期警戒機、滞空型無人機の導入、イージス艦の追加導入および新型護衛艦の開発を進行中だ。

米国は約149万2000人の兵力、空母10隻、潜水艦72隻、戦闘機2224機を備えている。アジア太平洋地域に海・空軍戦力の60%配備を進め、域内MD体系を強化している。

軍事的要衝地の大韓民国の兵力は約63万1000人。大韓民国は主要武器にイージス艦3隻、潜水艦10余隻、戦闘機約400機を保有する。

このような差は国防費でも表れている。民間戦略研究機関の国際戦略研究所(IISS)が2月に発表した「The Military Balance」(2015)で提示した韓半島周辺国の2014年基準の国防費によると、各国の国防費は米国5810億ドル、中国1294億ドル、ロシア700億ドル、日本477億ドル。大韓民国の国防費は344億ドル、すなわち35兆7000億ウォン規模だ。

防衛事業の関係者は「韓国をめぐる安保環境の不安定性が高まり、軍事的な脅威も増大する状況で、韓国の軍事的対応態勢はあらゆる脅威に完全に対応するうえで不十分な部分が多く、関連戦力の補強が急がれる」とし「北および潜在的な脅威に適切に対応できるよう核心戦力を強化するため、イージス艦・航空統制機・戦闘機など核心武器体系に対する安定的な軍需支援を確保しなければいけない」と述べた。
大韓民国の戦闘艦150隻、北朝鮮は750隻…「軍の戦力補強が至急」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大韓民国の戦闘艦150隻、北朝鮮は750隻…「軍の戦力補強が至急」(2)

    2015.09.14 11:41
    뉴스 메뉴 보기
    韓半島周辺国の防衛費
    TOP