주요 기사 바로가기

中国の「年俸タブル」に韓国パイロット離職ラッシュ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.12 10:30
0
今年に入って大韓航空・アシアナ航空のパイロットの退社が大きく増えたことが分かった。中国航空会社の「ラブコール」のためだ。

国土交通部が国会の金相姫(キム・サンヒ)議員(新政治民主連合)に提出した資料によると、大韓航空の韓国人パイロットの退社は2013年26人、2014年27人だったが、今年1-7月には42人に増えた。アシアナ航空も韓国人パイロットの退社が2013年24人、2014年31人、今年1-7月29人と増えている。

両社と済州(チェジュ)航空・ジンエアー・エアプサン・ティーウェイ航空・イースター航空の国内LCC(格安航空会社)5社を含むパイロットの退社は2013年111人、2014年155人、今年1-7月138人と大幅に増える傾向だ。

 
パイロットは代表的な「高賃金」職業だ。大韓航空の基準で経歴15年目の機長の平均年俸は1億5000万ウォン(約1500万円)。大韓航空の韓国人パイロットの平均勤続年数は16年、アシアナは14.1年だ。こうした環境にもかかわらず韓国人パイロットの退社が急増した背景は中国航空会社の攻撃的なスカウトのためだ。中国航空会社は年俸2億-4億ウォンに住宅・子ども教育支援、税制優遇などで韓国人パイロットを引き込んでいる。

韓国航空会社7社のパイロット総員は韓国人4631人、外国人543人。退社は増えたが新規旅客機導入による需要が増え、韓国人パイロットは昨年より100人以上増えた。

金議員は「熟練したパイロット1人を養成するのに長い時間と財源が投入される」とし「国外への人材流出が深刻にならないよう対策を早期に準備する必要がある」と指摘した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP